戸建て住宅とマンションの相場の違い

戸建て住宅とマンションの相場の違いについてまとめました。戸建住宅を建てるかマンションを購入するか悩んでいる人にオススメの記事です。

スポンサーリンク

戸建て住宅とマンションの相場の違い

戸建て住宅とマンションでは単位面積当たりの相場に違いがあることを知っていますか?戸建て住宅は1軒で土地を占有するため、一般的に同じ床面積であればマンションよりも分譲時の価格が割高になります。戸建て住宅の方が同じ価格でも幅広く選ぶことができるという特徴があり、100㎡を超える物件もたくさんあります。これに対してマンションの方は70平米を超える物件は非常に少ないため、床面積が大きいマンションは割高になってしまうことがあります。一般的に単位面積当たりの分譲価格はマンションの方が割安であることが多いのですが、購入後に修繕積立金や管理費などを負担しなければなりません。

戸建て住宅とマンションの建て方による違い

戸建とマンションのもっとも大きな違いは、建物の構造です。戸建て住宅は敷地の中に1戸のみを建設して土地を占有しますが、マンションの方は同一の敷地を複数の世帯が共有することです。マンションは共有スペースを維持するための費用として、毎月一定額の管理費の支払いが必要となります。最近はオートロックの集合住宅が増えているため、セキュリティ面ではマンションの方が優れていることが多いです。
建物の修繕や設備更新・建て替えなどの必要が生じた場合には、戸建て住宅は持ち主がすべててを決定することができます。これに対してマンションの場合は全世帯の同意を得なければなりません。マンションにはルールが設定されているため、ペットの飼育や民泊用に部屋を貸し出すことが禁止されているケースもあります。

戸建て住宅とマンションの購入層の違い

戸建て住宅とマンションは購入する年齢層についても違いがあります。戸建て住宅は面積が大きいので、子供の多い家族が購入するケースが多いです。これに対してマンションは1人~3人程度の少ない家族向けの物件が多いので、単身世帯夫婦だけの世帯などに人気です。
家族構成以外にも購入層に違いがあります。マンションを購入する人の方が、購入前に持ち家を持っていた人と比べ割合が高い。マンションを購入する人は家を買い替える目的で購入する傾向があるためです。これに対して戸建て住宅を購入する人はマンションを購入する人よりも賃貸住宅に住んでいた割合が高く、家を買い替えるのではなくて持ち家を所有する目的で購入するひとが多いです。

見積り&間取りプランを無料作成

マイホーム計画では多くの人が、

・マイホームの予算を安く抑えたい
・どこで建てればよいのかわからない
・間取りプランの提案が欲しい

といった悩みから計画がなかなか進まないことがよく起こります。

そういった家づくりの悩みを解決するために、注文住宅のプロがあなたにあった 『見積り&間取りプラン』を無料で作成してくれるタウンライフの家づくり計画書。

家でじっくりと資料を比較してハウスメーカーを決めたい方にオススメです。

注文住宅の家づくり注文住宅の予算・費用・相場
スポンサーリンク
注文住宅・新築一戸建てガイド