エネリート(ENELITE)の坪単価や価格を紹介|クレバリーホームの注文住宅

エネリート 注文住宅ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エネリート(ENELITE)とは?

エネリート(ENELITE)とは優れた断熱性能UA値0.28W/m2・Kを実現したクレバリーホームの注文住宅です。この数値は日本で最も厳しい北海道の基準をも上回るため、断熱性能の差がはっきりとわかり、室内の暮らし心地を高めます。

断熱性能が高いことにより、暖房の効率を上げるために必要だったドアや壁での仕切りが不要になり、開放的な間取りが実現可能となりました。

また、少ないエネルギーで室内環境を快適に保つことができるため、温度差によるヒートショックの心配が少なくなり、経済的で健康的な毎日が送れます。家の内外の温度差も抑えるため、結露を防止することで住まいの耐久性も向上します。

この優れた断熱性能が、理想的な室内環境を実現します。

断熱性能の高さと快適な室内空間がエネリートの特徴

エネリートの坪単価と価格は?

クレバリーホームの注文住宅エネリートの坪単価40万円〜です。土地40坪の家を建てた場合の参考価格は1,600万円。

エネリートに使われている標準装備や設備

注文住宅エネリートで使用されている工法や標準装備、設備を紹介します。エネリートには、ブローイング断熱材や樹脂サッシ+Low-Eトリプルガラスが採用されています。

ブローイング断熱材

ブローイング断熱材とは、断熱工法のうちブローイング工法という内断熱で使用される無機質繊維系断熱材です。ブローイング工法とは主に断熱先進国で長年実績がある工法です。

専用の機械を使って隙間なく吹付けていくため、天井や壁、床に隙間のない均一な厚さの断熱層を作ることが可能です。そのため高い断熱性能を実現する工法といえます。

エネリートでは、天井に300mmもの厚さでブローイング断熱材を充填することで、小屋根にこもった熱を室内に伝えません。複雑に入り組んだ小屋根裏の空間でもこのブローイング断熱材を隙間なく充填するため、断熱効果をさらに高めることが可能となりました。

またブローイング工法で使用する断熱材は質量も軽く、建物に負担をかけないため、建物の寿命を損なわないというメリットもあります。

アルゴンガス入りLow-Eトリプルガラス

アルゴンガス入りLow-Eトリプルガラスとは、3枚のガラスを組み合わせて二重の中空層を生み出した高断熱構造の窓に、アルゴンガスを封入したガラスのことです。

アルゴンガスとは、空気中に約1%存在する毒性のない不燃性の不活性ガスです。熱を伝えにくく空気よりも比重が重い特性があるため、Low-E複層ガラスの中空層で対流を抑えて断熱効果を一層高めます。

さらに、エネリートではこのアルゴンガス入りLow-Eトリプルガラスに加えて樹脂サッシを採用しています。樹脂は熱を伝えにくい特性を持つため、家の熱の出入りをより減らします。

外壁の次に大きな面積で外部と接する窓が、このように高い遮熱・断熱性能を保つことで、室内外の気温差ができにくくなります。省エネ効果とともに結露対策にも繋がるため家の耐久性を高めます。

毎日の暮らしやすさにこだわった間取り

エネリートは自由設計です。ブローイング断熱材やアルゴンガス入りLow-Eトリブルガラスの他にも、二重の断熱構造をもつ外壁や、床下全体を外気と遮断することで優れた断熱性能を発揮する基礎に支えられることで、家全体が高断熱構造となり開放感とプライバシーを両立したデザイン性を実現します。

型に縛られない自由設計は、日々の利便性を高めた間取りを可能とします。
家事を楽にする動線への配慮、子供の成長に応じた間取り、効率的な収納計画など、ご家族のライフスタイルに合わせた快適な暮らし心地を提案します。

まとめ

クレバリーホームの注文住宅エネリートは、高い断熱性能が魅力です。

項目エネリート
参考価格1,600万円
坪単価40万円~
会社名クレバリーホーム
発売開始日2018年4月23日

参考リンク:

クレバリーホームの注文住宅エネリートを建てたいという方は下記記事が参考になります。予算や建物のテーマにあわせた資料をもらうことができます。注文住宅エネリートが気になる方、迷っている方は他の資料も請求することで見比べて比較することもできるので便利です。

ライフルホームズ はじめての一歩