住宅展示場に行く前に、資料請求した人は家づくりに失敗しない

いざ、家づくりを始めようと思った人の中には

  • 何から始めればいいのかわからない
  • とりあえず住宅展示場に行こう
  • とりあえず家を見に行こう

と考える人が多く存在します。

すぐに行動できることは素晴らしいことですが、「とりあえず行く」という行動は家づくりのはじめかたとしてはオススメできません。

まずは、資料で情報収集をしてから住宅展示場やモデルハウスを見に行ったほうが無駄な時間を過ごさずにすみます。

そのために今回は、家づくりを上手に始める方法を紹介します。

住宅展示場に行く前にカタログなどの資料を請求する

最適なハウスメーカーを見つけるために

家づくりを上手に始めるには、住宅展示場に行く前にカタログなどの資料を請求をすることがオススメです。

なぜなら、カタログなどの資料で情報収集をせずに住宅展示場に行ってしまうとどれを見ていいのかわからず時間を無駄にしてしまうからです。

どのモデルハウスを見るのか決めずに、とりあえず住宅展示場に行ってモデルハウスを見ても理想の家にたどりつけません。

営業さんから説明を受けているときに「あれ?理想の家とは違うなぁ」と感じていてもなかなか話を切り上げて終わらせるのが難しいです。

そして、本当に見たかった理想な家にたどりつけず時間を無駄にしてしまいます。

資料は家からとても簡単に請求することができる

住宅本

ハウスメーカーから資料を取り寄せるのは、とても簡単な時代となっています。タウンライフという無料の資料請求サービスがありますので利用しましょう。

私が実際に気になっていたハウスメーカーや工務店からいただいた資料です。

この資料には家づくりのスケジュールだったり、内装や施工事例などものっています。複数のハウスメーカーや工務店に資料を請求することができるので見比べることもできます。

住宅展示場でどのモデルハウスを見学するかピックアップしましょう

住宅展示場に行く前にカタログなどの資料を見比べて、住宅展示場でどのモデルハウスを見るのかピックアップしていくことが大事です。

なぜなら、家づくりを考え始めた人は、子ども連れが多いので長い時間は住宅展示場を見て回れないことが多いからです。

そのため、まずは資料を見てどの家を見るかを決めてから住宅展示場に行ったほうが、子どもも疲れないですし無駄な時間がなくなります。

各ハウスメーカーが用意してある資料には、外観デザインや設備、実例集など情報としては十分な情報が載っています。ある程度決めてから行ったほうが、時間を無駄にしません。

まとめ

カタログなどの資料請求をしてから住宅展示場にいくことで、

  • 理想の家がみつかりやすい
  • 無駄な時間をすごさない
  • 子どもも疲れない

など多くのメリットを得ることができます。

家づくりは、はじまりが大事です。
まずは、カタログなどの資料請求をしてから理想の家を見つけていきましょう。

私がおすすめする資料請求サービスはこちら

これから家づくりをはじめるあなたに!
見積り&間取りプランを無料作成
見積り&間取りプランを無料作成

注文住宅の家づくりを進めるとき多くの人が、

・マイホームの予算を安く抑えたい
・どこで建てればよいのかわからない
・間取りプランの提案が欲しい

といった悩みから計画がなかなか進まないということに...。

そういった家づくりの悩みを解決するために、注文住宅のプロがあなたにあった 『見積り&間取りプラン』を無料で作成してくれるタウンライフの家づくり計画書。

家でじっくりと資料を比較してハウスメーカーを決めたい方にオススメです。

・見積り&間取りプランを無料で依頼【公式サイトへ】

注文住宅の家づくり
この記事が気に入ったらフォロー!しよう
注文住宅・新築一戸建てガイド