平屋で人気のハウスメーカーランキング2019年

平屋住宅は、同じフロアに家族がいてコミュニケーションが取りやすかったり階段がないのでバリアフリーで暮らしやすいことが特徴です。子どもが大きくなり離れていき夫婦ふたりでのんびりとすごしたいと考えている方や将来や老後を考えて家づくりをしたい方に人気です。

階段などがなくゆったりとした間取りが特徴の平屋住宅ですが、

  • 「平屋住宅はどこが人気なのか」
  • 「平屋住宅の相場価格はいくらなのか」
  • 「どうやったら建てられるのか」

といった新築平屋住宅を建てる際の悩む部分を紹介します。

長く住む家なので平屋住宅で未来を見据えた住宅を建てたい方などにオススメの記事です。

平屋住宅ハウスメーカーランキング

タマホームの平屋住宅「ガレリアート(GALLERIART)」

坪単価55万円〜

タマホームは全国で注文住宅を建てられるハウスメーカーです。坪単価55.0万円~65.0万円で建てられる「ガレリアート(GALLERIART)」を提供しています。本体参考価格(40坪・税抜)は、2,220万円です。

「ガレリアート(GALLERIART)」は、タマホームの中では中間の価格帯です。趣味に没頭できる自由な間取りが評判です。

タマホームは大手ハウスメーカーでありながら低価格で建てられる注文住宅として評価され、年間9,000棟以上の新築一戸建てを手がけています。

タマホームの工法のポイント

タマホームは四方から支え、家全体を一体化する耐力面材を使用しています。耐力面材を使用することにより「面」で横からの力を受け止め、建物にかかる負担を分散させることができ耐久性を高めています。

柱と梁の構成で建築する方法を採用することにより、設計の自由度が高め、間取りを広くとることができます。

タマホームの保証について

構造躯体や防水、白蟻などの10年の保証がついており、引渡後10年目に同社実施の定期的な点検および必要に応じた有償メンテナンス工事を受けることにより、さらに保証期間を10年延長できます。最大60年まで延長することが可能です。

引っ越し後の点検は3か月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年、15年に実施しています。

積水ハウスの平屋住宅「平屋の季(とき)」

坪単価70万円〜

積水ハウスは、全国で注文住宅を建てられるハウスメーカーです。鉄骨住宅の平屋「平屋の季(とき)」を提供しています。坪単価は70万円〜80万円で本体参考価格(40坪・税抜)は2,800万円です。

平屋住宅の特徴である、ワンフロアですべてをこなすことができる間取りです。伝統的な日本家屋を現代的なスタイルである鉄骨住宅として提供しています。

積水ハウスの工法のポイント

積水ハウスでは「鉄骨1・2階建て用構造」というオリジナルの鉄骨住宅工法で家を建てます。

鉄骨1・2階建て用構造は、大空間を実現するための「ダイナミック・フレームシステム」や震度7クラスのエネルギーを吸収する「シーカス」、耐水性・耐久性に優れデザイン性を高めた外壁「ダインコンクリート」などさまざまな技術が駆使されています。この技術を用いることで安全な住まいを実現しています。

積水ハウスの保証について

日本では「住宅の品質確保の促進等に関する法律」にて、10年間の瑕疵担保責任期間が定められています。積水ハウスでは、瑕疵担保責任期間の10年間にさらに20年間の保証期間を追加。合計で30年間の「30年補償制度」を採用しています。

また、この保証期間が終了後は、保証システム「ユートラスシステム」を用いることで、さらに10年間の再保証を受けることができます。

セキスイハイムの平屋住宅「そだての家」

セキスイハイムは木造住宅の「そだての家」を提供しています。坪単価75万円で建てられ、本体参考価格(40坪・税抜)は、3,000万円です。

そだての家は、セキスイハイムの構造の強みである開放的な大空間を取り入れています。室内の壁が少ないため、キッチンからでも子どもに目が届き安心感を与えてくれます。

高い天井や吹き抜けのある平屋住宅を考えている方はセキスイハイムの平屋住宅がおすすめです。

セキスイハイムの保証について

セキスイハイムは引き渡し後5年ごとの無料定期診断を60年目まで実施しています。構造部分や防水については20年の長期保証。

困ったときやもしものときにいつでも連絡しやすい体制をとっているのもセキスイハイムの魅力の一つです。各都道府県に支店を配置しており、24時間365日の無料フルサポート(電話サポート、メールサポート)を受けることができます。

住友不動産の平屋住宅「Jアーバン平屋」

住友不動産は平屋住宅の「Jアーバン平屋」を提供しています。坪単価63万円で建てられ、本体参考価格(40坪・税抜)は、2,552万円です。

住友不動産の人気商品「Jアーバン」を平屋仕様が「Jアーバン平屋」となっています。高級感のある和のイメージやグレーのタイル貼りなどの外観や風・光・人が回遊しやすい間取り設計が特徴の平屋を建てることができます。

三井ホームの平屋住宅「More Story(モア・ストーリー)」「WEST WOOD(ウェスト・ウッド)」

三井ホームはツーバイフォーの平屋住宅を得意としています。三井ホームの平屋住宅には、「More Story(モア・ストーリー)」や「WEST WOOD(ウェスト・ウッド)」などの商品があります。

その中でも、WEST WOOD(ウェスト・ウッド)は2016年にグッドデザイン賞も受賞しているデザイン性の高い注文住宅です。

アメリカンテイストの平屋や都市部や郊外でゆったり過ごしたい方にオススメな平屋住宅となっています。

1,000万円台の平屋住宅を建てるには?

理想の平屋を建てるということで一番大事なのは、誰にどんな住宅を建ててもらうかということです。たくさんのハウスメーカーがありますが、予算にあわせた希望の家を建てられるのか、要望に対してどんなアイデアを提供してくれるのか、というのをまとめた冊子の「カタログ」があります。

このカタログをみることでそれぞれのハウスメーカーの特徴がわかりますのでどこのハウスメーカーに依頼するのが自分に最適か判断する一つの目安になります。

2019年10月1日の消費税増税にともない実施される住宅ローン控除延長や住まい給付金、省エネ住宅ポイント、さらに金利も安いことを考えると今がチャンスです!

家を建てるには、まずはカタログを無料で手に入れるところから始めましょう!

月々の家賃より安い1,000万円台の家を建てよう!まずは「無料カタログ」を手に入れよう!さらに「建築価格シミュレーション」も活用しよう!
そろそろ家を建てたい 家の価格や予算はいくらかな? 家のデザインや間取りで悩んでいる と悩んでいる人に私が実際におこなった家づくりで失敗しないハウスメーカー探しのお話をご紹介します。 実は月々の家賃よりも安い...

1000万で平屋を建てることは可能なのか?

平屋の新築一戸建ては贅沢?

新築の戸建て住宅を建てたい!それも、平屋が欲しい!なんて話すと、そんな贅沢いってどうするの?!という風潮、ありませんか?
そもそも、平屋を買うなんて贅沢!今時無理だから!といって諦めていませんか?

1000万でも建てられる平屋

イメージや思い込みから、平屋を建てるのは贅沢と思って考えもしないという人が多くいらっしゃいます。しかし、実際には1000万円あれば、平屋を建築することは可能なのです。

ランニングコストも抑えられる平屋

建売住宅でも、東京や埼玉など都心部においては3階建てといった住宅も増えてきましたが、今の主流は2階建て住宅です。しかし、複数階建ての家屋は、ランニングコストが非常に大きく発生します。築年数が増えるごとに発生する外壁や屋根の修繕などに必要な修繕費は、平屋の2倍ほどかかってしまうこともあるのです。

家というのは、建築費用だけではなく、その後のランニングコストも考えておくことがポイントです。

シニア世代だけでなく子育て世代にも広がる平屋

現在、シニア世代において、終の棲家としてコンパクトな平屋が流行り始め、それを皮切りに子育て世代にも平屋のブームが広まり始めました。1000万でも建築可能というコストパフォーマンスの点もさることながら、階段のないフラットな居住スペースは子育て世代にもシニア世代にも人気を集めています。

平屋は贅沢!平屋は高い!という固定概念を払拭する「1000万で平屋を建てる」というのは夢ではありません。是非、この機会に平屋の新築を考えてみませんか?

平屋住宅で後悔しないために大事なこと

・建てたい地域の相場を把握すること
まず平屋住宅を建てようとしている地域の相場を把握しましょう。車や家電製品など高いものを購入するとき各店舗の相場を比較しますよね。それはローコスト住宅を選ぶときでも同じです。本当にこの価格は適正なのか、この価格は安いのかを把握しておかないと、実際は高かったという可能性もあります。

・ハウスメーカーの良いところ悪いところを把握すること
次に、ハウスメーカーの特徴や平屋住宅の商品や評判などを確認して良いところ悪いところを把握しておきましょう。ハウスメーカー選びは家を建てるということにおいて非常に重要です。

家を建てるというのは多額の費用がかかり、多くの人は一生に一度購入するかできないかという大きなの買い物なので、失敗したくはありません。

良い家、悪い家というのは住宅メーカーの選びでほぼ決まりますので、じっくりと情報収集をし知識をつけていきましょう。

・絞り込んだハウスメーカーを比較すること
ハウスメーカーをある程度絞り込んだあとは、今度は絞り込んだハウスメーカーを比較することが大事です。ハウスメーカーの特徴や坪単価、評判などできるだけ比較しましょう。

どのハウスメーカーか決まったら一度問い合わせをして見るのが大事です。

どのハウスメーカーに依頼するか決まったら、一度メールで問い合わせをしたほうがよいです。

問い合わせをしてみると、メールの返信の速さや言葉遣い、文面の丁寧さや返答力など今まで見えなかった部分が見えてくるからです。

  • メールの返答が早い
  • 返答内容も正確
  • 言葉遣いも丁寧

などであれば問題ないです。

逆に、

  • メールの返答が遅い
  • 間違いに謝罪文がない
  • 返答内容があいまい
  • すぐに営業感を出してくる

などであれば別のハウスメーカーを検討したほうが良いです。

以上のことを行うと、よいハウスメーカーが見つかりやすくなります。