注文住宅を1000万2000万3000万円台で建てる

注文住宅の家づくり
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1,000万円台の注文住宅を建てる

1,000万円で注文住宅は建てられます。ですが、注文住宅を1,000万円台で建てるのは非常に難しいと思われがちです。一般的なハウスメーカーであっても注文住宅は2,000万円を超えてしまうことが多いため、1,000万円台で建てる注文住宅は非常に小さく狭いものであるという印象を持っている人が少なくありません。

しかし、近年では住宅の建築方法が非常に効率的になっており、低コストで住宅を建てることができるメーカーが非常に増えています。また、住宅の平均の大きさは35坪といわれています。35坪坪単価47万円であった場合1,000万円台で建てることができます。坪単価47万円と聞くと非常に安い印象を受けますが、実は近年のローコスト住宅の平均な金額です。35坪の住宅であれば十分な生活環境が整う広さとなるため1,000万円の家の実現性が非常に高くなるのです。

大手のハウスメーカーで1,000万円台の注文住宅は難しい?

大手のハウスメーカーでは1,000万円台で建てることは非常に難しくなっています。その理由が様々なコストの問題や工法の問題、および実際に住宅が完成するまでの手続きの問題があります。大手のハウスメーカーの場合には住宅の建築にあたり下請けまたは孫請けを利用することが多く、実際の業者の建設費用に対してハウスメーカーの利益を加えるためそのコストが非常に割高になるのです。さらにハウスメーカーの場合には大量に生産することを重視しているため、工法についてもコストよりも品質を重視する傾向が強く、同じ工法で様々な住宅に適用できるものを利用しているので割高になります。そのため大手のハウスメーカーの場合坪単価が50万円を超えてしまうことも多く、同じ35坪の住宅であっても1,000万円台で建築することは難しい場合が多いのです。

ローコスト住宅を取り扱うハウスメーカーであっても、間取りが複雑になると余分な作業が発生することになるため費用が余分にかかります。1,000万円台の注文住宅は非常にシンプルであることが求められ、基本的には分譲住宅の間取りを応用した構造のものが一般的となっています。逆にすでに設計されている効果的な間取りをシンプルに利用し設計費用や管理費用を削減することで1,000万円台の注文住宅を建てることができるのです。

1,000万円の注文住宅の間取り

1,000万円台の注文住宅はすでに用意されている間取りの中から選ぶことになります。注文住宅なので自分の希望の間取りにしたいと考える人も多いのですが、あらかじめ用意されていない複雑な間取りを指定すると簡単に予算をオーバーしてしまうことが多いので、十分にハウスメーカーなどと相談することが必要です。

価格の安い注文住宅を取り扱う会社はあらかじめ様々な間取りのバリエーションを持っており、その中から選ぶことでデザイン費用などを削減することができます。また現代の生活様式から考えると35坪の住宅であれば3LDK程度が一般的なものとなっています。部屋数を増やすこともできますが一つ一つの部屋が狭くなってしまい生活環境としても不便なものとなってしまう傾向があります。また部屋を増やすことで仕切りが増えるためその分費用もかかってしまいます。
さらに様々な装飾についてもできるだけコストを抑えシンプルなものにすることが重要です。近年ではリビングを広くし間仕切りをなくしてリビングと寝室がつながっているシンプルな間取りにするケースも増えています。

1,000万円の注文住宅でもバリエーションは豊富になってきているので、ハウスメーカーとよく相談して決めることが大切です。

2,000万円台の注文住宅を建てる

2,000万円台で注文住宅を建てること考えると、住宅の予算配分に余裕が生まれてきます。一般的な35坪全部の住宅を建てる場合には内装材や外装材にかける予算が増えます。住宅にメリハリが生まれ様々な趣味嗜好を盛り込むことができるようになります。そのため予算配分をしっかりと考慮しなくてはいけません。お金をかける部分とそうでない部分を事前に決めておき、メリハリをつけることが予算を有効に利用する方法となります。

2,000万円台の注文住宅と1,000万円台の注文住宅の違い

2,000万円台の注文住宅となると、1,000万円台の注文住宅と比べ自分のこだわりを住宅に反映させやすいです。1,000万円台の住宅と違い、住宅の間取りをあらかじめ用意されたものでないオリジナルのものにすることも可能で、趣味などを持っている人にとってはその趣味を実現するための専用の趣味部屋を作ることも可能です。

最近では家の1階にガレージハウスといわれる駐車場を収容した間取りも注文住宅として増えています。シンプルな構造のものであればこのような住宅も建築することが可能となり、その間取りのバリエーションが大きく広がることになります。

2,000万円台の注文住宅の注意点

2,000万円台の注文住宅で注意しなければいけないのは、間取りの設計料が大きくなってしまうことです。一般的に住宅メーカーが提供する注文住宅のほとんどはあらかじめ設計されたデザインと工法で建てられて価格が設定されています。その価格の中には安全対策なども十分に含まれているため、オリジナルのデザインを盛り込んだ場合にはデザイン料と安全対策料まで新たに発生することがあり上乗せ料金が発生します。

そのため予算配分をあらかじめしっかりと決めた上でハウスメーカーと打ち合わせをしないと思わぬ費用が発生し予算オーバーとなってしまうことも少なくありません。特にオリジナルのデザインの場合には建築日数も多くかかってしまいます。その分の作業費などの費用がかかることになり予算が膨らんでしまうことも多いのです。

2,000万円台の注文住宅は、予算にメリハリをつけることで理想の注文住宅を建てることができます。予算配分を先に考えておかないといつの間にか予算オーバーとなってしまいます。まずは自分がどこを大事にするか優先順位をつけてみましょう。

2,000万円の注文住宅の間取り

2,000万円の注文住宅は、1,000万円の注文住宅と比べ建物の大きさあまり変わらないことが多いです。ですが内装材や外装材に上質のものを使い、高級感を演出しているため間取りについては部屋数や広さは大きく変わらないことが多いのです。内部の構造も作り込んだものが多く、玄関から各部屋へのアプローチとなる廊下の大きさや廊下を取り囲む壁の内装材を上質なものにするなどといった細かい点での差別化が大きなポイントとなります。

また近年のリビングの傾向としてキッチンとリビングを対面式にしたり、中にはアイランド型のようにリビングの中にキッチンを配置するといった手の込んだ間取りが多いです。これらは従来はオリジナルのデザインとして非常に高額なものでしたが、近年の流行により大手のハウスメーカーではオプションとして用意されていることも多く、価格が安くなっていることから2,000万円台でも実現できるところが増えています。そのため2,000万円台の注文住宅は家の大きさはさほど広くありませんが細かなポイントにおいて高級感や充実感を与えることができるものとなっているのが大きな特徴といえます。

3,000万円台の注文住宅を建てる

3,000万円台の注文住宅となると予算に余裕が生まれるため、様々なデザインのものが実現できることになります。大手ハウスメーカーの主力となっている住宅は3,000万円台が多く、様々な先進的な技術やデザインを盛り込んでいる点が大きな特徴となっています。

またこれらの住宅においては近年の傾向として自然素材をふんだんに取り入れ環境にやさしい住宅となっていることが多いほか、パッシブデザインと呼ばれる、光熱費を節約し自然エネルギーを有効に活用することで快適な住み心地を実現するといった高度な技術が採用されるものも非常に増えています。自由な間取りを実現しやすくオプションの選択肢も非常に多くなっているため、自分の好みの住宅を自由に建てることができます。

注文住宅はさらに高い価格の住宅も存在しますが、3,000万円台の住宅であれば十分な環境を整えることができます。近年流行している広いリビングとキッチンや寝室の間取りだけではなく、あと1部屋増やしたりなど間取りの選択肢も生まれます。最近では家族が常に目の届く範囲に入ることができる住宅が注目を集めています。リビングの天井が2階への吹き抜けとなっており家族が2階にいてもその声が届くようになっていたり、姿が見えるようになっているといった住宅が非常に人気です。このような一見特殊な構造と考えられる住宅であっても、多くのハウスメーカーでは3,000万円台の住宅のオプションとして用意されていることが多いです。

生活環境を豊かにしつつ様々なメリットを生み出すことができる住宅を実現するために十分な予算の金額といえるのが3,000万円台の家です。