アキュラホームの注文住宅 坪単価と評判の特徴とは?

注文住宅の家づくり
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アキュラホームとは?どんな家づくりをしている会社?

アキュラホームとは、東京都の新宿区に本社を置いて木造注文住宅を建設する住宅メーカーです。1978年に設立されたのちは、木造にこだわった住宅を建設し続けています。テレビなどでカンナ社長などと呼ばれている宮沢俊哉さんによって設立された会社ということで有名な会社でもあります。設立された当初は多くなかった従業員の数はだんだんと増えており、現在では1000名を超えています。関東を中心として全国に支店があります。

アキュラホームの会社情報と年間施工棟数

会社名株式会社アキュラホーム
設立日1986年5月
本社所在地東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビルディング34F
施工エリア関東地方・中部地方・近畿地方・中国地方
坪単価30万円~50万円
年間施工棟数1,664棟
売上高380億円
木造住宅の工法木造軸組在来工法
保証35年長期保証プログラム
保証期間35年
従業員数1,179人
支店数14

アキュラホームの注文住宅の特徴

アキュラホームの注文住宅の特徴は、低価格でありながら品質の高い家を造っている点です。ただ単に低単価なのではなく、匠の心を持った多くの職人たちによって品質・性能・デザインのクオリティが追及されていて、品質の高い家を造っています。

昔ながらの日本の職人気質を持ちながらも現場において創意工夫を重ねて、コスト削減と同時にコストパフォーマンスの良い満足度の高い家を実現し続けます。品質・サービス・価格・デザインの4つがバランスよく調和している状態を実現しています。

社名のアキュラホームは、ホームページによると「正確な」や「的確な」などの意味を持つ英語である「Accurate」のccの部分を「品質」「優秀性」などの意味を持つ「Quality」と関連付けしてQに変更してつけられた名前です。この社名に込められた願いを実現した家を建てている点に大きな特徴があります。そしてなんと500万円代から家を建てることが可能です。

商品名にはやや素朴とも思える名称が使用されています。商品名には、住みごこちのいい家・平屋の家・三階のある家・二世代同居の家・ZEHの家・大収納のある家などがあります。住みごこちのいい家は、アキュラホームを代表する商品ともいえ、建てるときも住みはじめてからも家計にうれしい家を実現しています。多くの注文者から意見を集めて生活動線や収納ノウハウを結集し、意見を活かした家造りです。洗濯や掃除、片付けなどがしやすいように工夫が凝らされています。木造でありながら、断熱性や気密性にも工夫の英知が詰まってます。

アキュラホームの坪単価

アキュラホームの坪単価は一体いくらなのか?

アキュラホームの坪単価は低く、最低で30万円代から高めな商品で50万円代となっています。この価格帯は同業他社に比べて一番低単価とはいえないものの、平均値からみるとほぼ間違いなく安い住宅です。具体的には大手だと同業他社のタマホームよりは若干高いもののこれに次いで低価格を実現しています。

アキュラホームの坪単価が安い理由

アキュラホームが低価格帯を実現出来るのはなぜか?

アキュラホームは下請けを利用せず、自社の従業員と提携業者のみに絞って施工することより無駄な外注費用が掛からないからです。下請けや外注をすると中間マージンが発生するなど余分なお金がかかります。無駄を省いて取引先と提携して安さを実現しています。

また、アキュラシステムというよりたくさんの資材などを安価に仕入れることが出来るなどの仕組みによってローコスト住宅が実現しています。お得に安価に建築資材を大量購入することにより坪単価も低く抑えることを実現しています。

アキュラホームは企画住宅を建てることをメインとしています。それは、資材を安く仕入れるためにはなるべく同じ部品を使用するようにしなければならないからです。型にはまった企画住宅を建てて販売するという方式をメインに据えることで、低価格帯を実現しています。卸や商社などと建築にかかわる資材をたくさん仕入れるので価格を下げるように交渉をしているのです。

アキュラホームの評判

アキュラホームの家の評判はどのようなものなのか?

アキュラホームの家は2017年には6年連続でグッドデザイン賞を受賞しています。総計で17作品が評価されていることになっています。また、グッドデザイン賞を度々受賞しているだけでなく、ウッドデザイン賞や強靭化大賞、キッズデザイン賞など多くの賞を毎年のように受賞しました。中にはローカルなものもありますが、これらの点はいい評判やいい評価です。

低価格で品質の高くコストパフォーマンスがいいと評価する人は少なくありません。例えば、平屋の家づくりで900万円を切る価格があるのは大きな魅力の一つです。設備や仕様を確認しても価格相応以上のものとなっているとしている人も多く存在します。

しかし、一方で懸念事項として、坪単価の価格には付帯工事の値段が含まれておらず、実際に注文してみると思っていたよりは安くない、といった評判や営業担当によっては対応が良くなく後悔したとの評価もなくはありません。間取りの自由度を宣伝している割には思うような間取りにしてもらうことが出来なかったとの評もあります。これらを踏まえた上で、後悔のない注文住宅を実現しましょう。