宮崎県でローコスト住宅を建てるのに人気なハウスメーカー工務店

2020年03月27日更新

宮崎でローコスト住宅を建てるなら、長く暮らせて安心して住める家を建てたいですよね。

宮崎でも「1000万の家」「1500万台の家」など、工務店やハウスメーカーのCMや雑誌などでローコスト住宅を頻繁に見かけるようになりました。

そもそもローコスト住宅とは、1000万円の家や1500万円台の家と呼ばれる「1000万円〜1500万円前後の価格帯の家」や「坪単価50万円以内の家」のことをいわれることが多いです。

宮崎でローコスト住宅を建てる場合、

  • 「どこでローコスト住宅が建てられる?」
  • 「おすすめハウスメーカーや工務店は?」
  • 「ローコスト住宅はどうして安いのか?」
  • 「本当にその価格で家づくりができる?」
  • 「ローコストで平屋住宅も建てられる?」
  • 「どういった家が建てられるのか?」

という部分がやはり気になりますよね。

「ローコスト住宅でも長く暮らす家だからこそ安心して住める家が欲しい。」

そんな方のために宮崎で1000万円〜1500万円前後の家や坪単価50万円以内の家を提供している、いわゆる「宮崎でローコスト住宅を提供している評判のいいおすすめハウスメーカー・工務店」をまとめました。

またローコストハウスメーカーや工務店の特徴やメリット、費用や施工に関する注意しておきたいポイントについてもまとめましたので家づくりの参考にご覧ください。

「宮崎のおすすめ工務店・ハウスメーカーの資料請求から」資料請求することで家で資料をゆっくり見ることもできます。

ローコスト住宅を建てるなら、宮崎の工務店やハウスメーカーに資料請求をして相場価格を知っておきたい人におすすめです。このローコスト住宅が本当に高いのか安いのかの判断するための目安ができ、価格を比較することができます。

目次

宮崎のローコスト住宅を建てるのに人気のおすすめ工務店・ハウスメーカー

万代ホームのローコスト住宅「コンパクトなデザイン住宅」

都城市の万代ホームさんは、「Compact Modern(コンパクトモダン)」というデザイン性の高いローコスト住宅を提供しています。

大きな家を建てると毎月の住宅ローンの支払いや光熱費、メンテナンスや固定資産税などの税金と住み続けるための経済的な負担も大きくなります。

万代ホームさんは、完全オーダーメイドの注文住宅から手の届きやすい注文住宅まで住宅のバリエーションも豊富です。

万代ホームのCompact Modern(コンパクトモダン)

万代ホームさんは「Compact Modern」は、新しいマイホームでの暮らしがゆとりある生活になるように、20代30代の若い世代向けに考案された機能的でコンパクトな住宅を提供しています。

丸商建設のローコスト住宅「ステキ1000シリーズ」

丸商建設さんは、1200万円という価格で建てられる「ステキ1000シリーズ」というローコスト住宅を提供しています。

丸商建設さんはローコストでありながら性能も追求する住まいが評価され、宮崎県で年間250棟以上の新築一戸建てを手がけています。

丸商建設の「1200万円の家」

丸商建設さんは、「ステキ1000シリーズ」という1200万円で建てられるローコスト住宅を提供しています。1200万円の家は、ローコストな価格帯でも外観・内装・オール電化・キッチン・トイレ・ユニットバスなど標準仕様が豪華なことが評判です。

「ステキ1000シリーズ」でマイホームを手に入れたオーナーから、「想像以上に完成度の高い家 (日南市 K様)」「思い描いた理想の家 (宮崎市 M様)」といった声や口コミが寄せられています。

ハミングホームのローコスト住宅「アキュラシステムでコストダウン」

ハミングホームさんは、宮崎県新富町・西都・児湯・佐土原を中心に「安くてよい家」を提供するローコスト住宅会社です。

ハミングホームさんは「安くて良い家は夢じゃない!」との考えからローコスト住宅でも良い家を建てるためにアキュラシステムを採用しています。

アキュラホームの住宅建設合理化システムを採用している

ハミングホームさんは、アキュラシステムという「アキュラホームの住宅建設合理化システム」採用したローコスト住宅を提供しています。アキュラホームの合理化ノウハウやコストダウン技術を体系化し全国の工務店に提供しています。

合理的なコストダウンによって、自由設計で高耐久・高耐震設計の注文住宅をローコストで実現することを可能にしています。

ハミングホームさんでは、毎月完成見学会を開催しているので実際の住まいを気軽に体感することもできます。

フリーダムホームのローコスト住宅「安くていい家をつくる会」

フリーダムホーム(川上建築)さんは、安くていい家をつくる会の会員として、自由設計・完全注文住宅のローコスト住宅を明快な価格で提案しています。

安くていい家をつくる会は、「住宅ローンに追われ、家族の暮らしが苦しくなるようなことがあってはならない。本物の”いい家”とは”お客様の悩みを解決できる家”のこと」

という考えのもと中小工務店がつくる全国組織です。

フリーダムホームは全てコミコミ価格

フリーダムホームさんでは、建物本体以外にかかる屋外給排水工事費・仮設工事費・照明器具・カーテンレール・建築確認申請費・消費税など、住むために必要な費用がすべてコミコミで価格を提示されます。

そのため、オプション追加で予算オーバーといった心配がありません。

お客様との信頼関係をとても大切にするフリーダムホームさんは、その思いを「フリーダムホームのお客様への誓い」として形にし実践しています。

また、ローコスト住宅だけでなく自然素材を使ったオーガニック注文住宅も提供しています。

睦屋ホームのローコスト住宅「900万円台から建てられる家」

睦屋ホームさんは、宮崎県産木材にこだわった家づくりで40年以上にわたって宮崎で住宅を提供しています。

こだわりの注文住宅を多く手がけていますが、手の届きやすいローコストな価格帯の住まいとしては「スエルテ」「シェリーメイゾン」といった企画住宅があります。

ローコスト住宅としては、「シェリーメイゾン」は新築住宅プランを900万円台から展開しているデザイナーズ企画住宅を提供しています。

ローコスト住宅専門店「夢乃屋ハウス」は月々2.8万円〜シリーズ

睦家ホームさんは、ローコスト住宅専門店「夢乃屋ハウス」も運営しています。

夢乃屋ハウスは月々の支払い額が賃貸の家賃以下で買えるマイホームが特徴で、月々2.8万円〜シリーズ、月々3.5万円〜シリーズ、月々3.8万円〜シリーズといった価格帯のローコスト住宅を揃えています。

ローコストでありながら標準仕様として厳選した設備を使用しているので、実際の住まいを体感したい方は夢乃屋ハウスのモデルハウスで体感してみましょう。

ピースホームのローコスト住宅は「建築家と造る高性能の家」

ピースホームさんは、「建築家と造る高性能の家」を提供しています。

建築家と造る高性能の家は、省エネ等級4のZEH仕様で価格1,320万円~となっていることが魅力の1つです。

プロの建築家と打ち合わせを重ねることで、「暮らしやすい不便じゃない家」デザインの耐久性まで見据えた建築のプロによる提案を行います。

ピースホームは平屋住宅も人気

ピースホームさんは平屋住宅にも力を入れており、建築事例でナチュラルモダンの家から実際に建てた家を確認することもできます。また、平屋住宅の勉強会も開催しており「平屋住宅の間取りやコストについての勉強会」は満員になるほどの人気です。

以上が宮崎のローコスト住宅を建てるのに人気のオススメ工務店・ハウスメーカーです。

宮崎でローコスト住宅を建てるためにまずは資料請求をして、工務店やハウスメーカーの価格を知っておきましょう。

このローコスト住宅が本当に高いのか安いのかの判断するための目安がたてられ、価格を比較することができますのでおすすめです。

ローコスト住宅とは何か?

ローコスト住宅とは、材料費などの費用を抑えることで比較的安い価格で建てられた注文住宅のことです。

1000万円の家や1500万円台の家と呼ばれる「1000万円〜1500万円前後の価格帯の家」や「坪単価50万円までに抑えられる家」のことをローコスト住宅と一般的にいわれています。

家の建築費には、大きく分けて3つの費用がかかります。

  • 材料費
  • 広告宣伝費、人件費
  • 諸経費

この3つの費用を可能な限り抑えてできた住宅のことをローコスト住宅というわけです。

ローコスト住宅は「なぜ低価格で家を作れるのか」の理由を知っておく

ローコスト住宅は、なぜ低価格が実現できるのかという理由を知っておきましょう。

ローコスト住宅は、品質もデザインも優れていて耐久性も良い家です。良い家なのにどうして低価格が実現できるでしょうか?

しかも低価格なだけでなく自由設計の注文住宅を提供している住宅メーカーも存在します。

はじめに考えられる理由としては、住まいにかかる主な費用である

  • 「材料費」
  • 「広告宣伝費、人件費」
  • 「諸経費」

を安く抑えることができたからです。

さらにローコストで住まいを提供するために建物の「間取り」を工夫している住宅メーカーも多いです。

材料費を大量仕入れなどで削減している

材料費を大量仕入れなどで削減して、ローコスト住宅を提供しているハウスメーカーや工務店が多いです。

独自の仕入ルートを開拓したり、大量仕入れを行ったり、コストダウンのためのシステムを採用するなど、低価格で材料を仕入れ材料費を少なくしているハウスメーカーや工務店が多いです。

広告宣伝費・人件費を削減している

広告宣伝費・人件費を削減して、ローコスト住宅を提供しているハウスメーカーや工務店が多いです。

広告として活用する媒体を厳選し広告費を抑えたり、維持費・人件費などを抑えることで費用を安くしているハウスメーカーや工務店が多いです。

ローコスト住宅は、大量仕入れを行ったり、建材のカットや加工は工場であらかじめ行われます。事前に準備することで、施工する際に必要以上の人員を雇うことを減らし人件費を抑えています。

諸経費を削減している

諸経費を削減して、ローコスト住宅を提供しているハウスメーカーや工務店が多いです。

シンプルな間取り構造にすることで、打ち合わせの手間を減らしたり、部屋数を抑えドア・壁・床・照明機器などの材料費を抑えることで費用を安くしているハウスメーカーや工務店が多いです。

ローコスト住宅が安くで家を建てられる一番の理由は、材料費の削減です。

家を建てるための材料費の削減と聞くと、「材料や品質はどうなの?」と疑問に思いますよね。

実際のローコスト住宅は材料や品質はほぼ同じで、大手ハウスメーカーで使用しているものとほとんど違いがありません。材料自体の質を下げるのではなくシンプルな構造な家を建てることで建築費用の削減をします。

建物自体をシンプルな構造にすることで余分な材料を省くことで材料費が安く抑えることができるのです。更にシンプルなデザインの場合、人件費も抑えることができます。そのためローコスト住宅はシンプルな形の家が非常に多いです。

その他にも、

  • 材料を工場でカットしてから建てる(現場で切らない)
  • 和室が少ない傾向にある(畳引き込み費用削減)
  • 展示場を建てない(宣伝費の削減)
  • 独自の材料仕入れルートを確保(材料費の削減)
  • 建てるまでの時間を短くする(人件費の削減)

という企業努力でローコスト住宅が成り立っています。

ローコストで住宅を提供するために徹底してコストカットをしているのでローコスト住宅が建てられるのです。

なぜローコスト住宅が安いのか知りたい人はまずは資料請求をして、工務店やハウスメーカーの価格を知っておきましょう。
このローコスト住宅が本当に高いのか安いのかを判断するための目安ができ、価格を比較することができます。

ローコスト住宅は必要最低限の標準装備も搭載

ローコスト住宅は、「ローコストだから標準装備が何も付いていないのでは?」と思われる方も多いです。多くのローコスト住宅では、必要最低限の標準装備が付けられており価格に含まれています。

ローコスト住宅だけではなくどの注文住宅でもいえることなのですが、「どこまでが標準装備なのか確認」が必要です。

ローコスト住宅の必要最低限の標準装備はどの程度のものなのか確認

ローコスト住宅の標準装備(標準仕様)は、「どこまでが標準装備なのか確認」しておく必要があります。

ローコスト住宅の標準装備のグレードは「生活する上で必要なもののみとしているところ」が多いため、一般的に大手ハウスメーカーの住宅よりも低く設定されています。

そのため、自分の要望は標準装備に含まれているのか確認しておくことで、「ローコスト住宅の標準装備にない要望を足していくと、いつの間にかローコスト住宅の価格が膨らんでしまった」というよくあるローコスト住宅の失敗を防ぐことができます。

家が完成してから不満を感じることが多いところは、「内装材や床材、キッチンの機能性や質感」という部分です。

内装材や床材、キッチンなどは建てたあとに「リフォームをしない限り変えにくい部分」なため、ローコスト住宅を建てる際に納得した装備を選択したほうが良いといわれています。

ローコスト住宅のメリットは?

ローコスト住宅の1番のメリットは、ローコストの名の通り安い価格で家が建てられることです。どうやってローコスト住宅が実現できるのか知るために、まずは「ローコスト住宅のメリットは何か?」知っておく必要があります。

ローコスト住宅の最大のメリットは、価格

ローコスト住宅の最大のメリットは、安い価格で家を建てられることです。

ローコストでありながら、デザイン性や断熱性・耐火性・耐久性など住まいの品質を追求している工務店もあります。ローコスト(低価格)でありながら、品質の高い家が建てられることこそがローコスト住宅の1番のメリットとなります。

ローコスト住宅の坪単価20万円~50万円と大手ハウスメーカーの坪単価60万円~80万円を比較すると、その安さはやはり魅力的です。

例えば30坪のローコスト住宅を建てたときの価格を考えると、

・大手ハウスメーカーの場合は、1,800万円〜2,400万円
・ローコスト住宅の場合は、600万円〜1,500万円

になり900万円〜1,200万円の差があります。

ローコスト住宅を購入した人の中では、古くなったマイホームのリフォームを検討していた方が、1000万円台で建て替えられるならと購入したケースも多いです。リフォームするより新築のローコスト住宅のほうが低価格であれば当然選択肢に入りますよね。

ローコスト住宅を建てるならまずは資料請求をして、工務店やハウスメーカーの知識を高めましょう。
このローコスト住宅が自分にあっているのかを判断するための目安ができ比較することができます。

ローコスト住宅のメリットは、毎月の住宅ローンの負担が少ないこと

ローコスト住宅は、建築費が安いので毎月の住宅ローンの負担も少なく購入ができることがメリットです。少ない予算で建てらるので若い方にも人気です。

ローコスト住宅の場合、1,500万円以内の価格建てられますので、毎月の住宅ローン返済も賃貸とほぼかわらない費用の負担だけですみます。

そのため住宅ローンの返済額の負担も気にならず、余ったお金を貯金に回したり子どもの教育費に回すことなどができます。

また住宅ローンの審査が通っても無理な返済計画をしてしまうと、後々の返済が辛くなってしまいます。将来の資金面のリスクも減らすことができます。

ローコスト住宅は、建築費が安いため住宅ローンの借り入れる金額も少なくて速めに完済することが大きなメリットです。

ローコスト住宅のメリットは、こだわる部分だけオプションで追加できること

ローコスト住宅は、価格が安いのでこだわりたい部分をオプションで追加することがメリットです。

標準プランの本体価格が安いので、「家を建てるならこだわりたい部分もある。でも大手ハウスメーカーは価格が高すぎて予算が足りない」という人は、ローコスト住宅でこだわりたい部分だけオプションで追加できることがメリットです。

ローコスト住宅にオプションをつけると価格は上がりますが、それでも通常の新築よりも価格が安いことが多いですので総額を抑えることができます。

オプションを追加して総額予算を超えてしまわないようにするために、他の工務店やハウスメーカーの価格を資料請求をして事前に知っておくことが大事です。

ローコスト住宅のメリットは、品質の安定した住宅を建てることができること

ローコスト住宅は、品質の安定した住宅を建てることができることがメリットです。

ローコスト住宅では、一定規格のサイズにカットしてあるプレカット木材を多くの企業が採用しています。プレカット木材などの同一の設備機器を使用することで品質を安定させることができ、また経験の浅い職人であっても扱いやすい

そのため、ローコスト住宅は安くても比較的安定した仕上がりを実現することができます。

ローコスト住宅のメリットは、工期が約3ヶ月と短いため早く建てられること

ローコスト住宅は、工期が短く早く家が建てられることがメリットです。

ローコスト住宅では、人件費を抑えるために打ち合わせの少なくし、工期も短いため早く建てられます。ローコスト住宅はおよそ3カ月で完成するため、早く家を建てたい方におすすめです。

また、短い期間で建てられると、建てるまでの間に住む家「仮住まいの家賃」も節約できるというメリットもあります。

ローコスト住宅は、規格化された材料や設備を組み合わせることで住宅を建てます。そのため、打ち合わせの説明もパターン化することで少なくし、通常の新築よりも工期を短くすることも可能です。

通常の住宅は完成までに半年以上かかるのが一般的ですが、ローコスト住宅は3か月ほどで完成します。

ローコスト住宅がどれくらいの期間で建てられる方はまずは資料請求をして、工務店やハウスメーカーに確認しましょう。
早めにスケジュールを確認しておくことで資金計画にもゆとりが生まれます。

ローコスト住宅で注意しなくてはいけない6つのポイントとは?

ローコスト住宅で住まいを建てる際に、確認しておきたいポイントを6つ紹介します。

ローコスト住宅で注意しなくてはいけない6つのポイントを知り、後々後悔しない満足度の高い家を建てましょう。

1.ローコスト住宅「1000万の家」は、どこまでできるのか?

ローコスト住宅「1000万の家」「1500万の家」といった住宅はどこまでできるのか?を知っておく必要があります。

まず注文住宅を建てる場合、通常どのくらいの費用がかかるのか把握しましょう。

注文住宅は1坪あたり50~70万円が平均です。

一般的な注文住宅の価格相場としては、大手ハウスメーカーや工務店に頼んだ場合、1坪あたり50~70万円の工事費です。

関東、首都圏と地方などで価格の差はありますが、全国平均では50万円が目安となります。

大手のハウスメーカーでも「1坪25万円でできます」と言われることもありますが、この価格に外構工事などは入っていない場合が多いので注意が必要です。

ローコスト住宅は1坪あたり20~50万円が平均です。

ローコスト住宅の価格相場としては、1坪あたり20~50万円の工事費です。

この費用に外構工事なども含まれていて、坪単価50万円までに抑えられたらローコスト住宅と一般的にいわれています。

ローコスト住宅を検討する場合、「どこまでが1000万円」、「どこまでが1500万円」というのをしっかり確認する必要があります。

ローコスト住宅を安く提供してくれるハウスメーカーや工務店もありますが、オプション料金などをつけることで料金が上がる場合もあるので注意が必要です。

そのためローコスト住宅を建てるならまずは資料請求をして、ハウスメーカーや工務店の価格を知っておきましょう。
このローコスト住宅が本当に高いのか安いのかのを判断するための目安ができ、価格を比較することができます。

2.ローコスト住宅は、四角のシンプルな構造と間取りが多い

ローコスト住宅は、四角のシンプルな構造と間取りが多いです。

平面な四角の間取りで壁を少ないプランにしたり、2階建ての場合も1階と2階をほぼ同じ構造にすることで、外壁工事の大幅なコストの削減ができます。

外観を凹凸のある2階建てにしてしまうと外壁費用が多くかかってしまうため、ローコスト住宅では四角のシンプルな構造を採用しているところが多いです。凹凸のある住宅を考えている場合は注意が必要です。

なぜ、四角のシンプルな構造と間取りにすることで低価格な家を提供できるのかというと、

  • 時間
  • 工程
  • 手間
  • 費用

のカットにつながるからです。

3.ローコスト住宅は、和室がないことが多い

ローコスト住宅は、和室がないことが多いです。和室の場合、「畳の敷き込みや壁の作り込みや障子の張替え」などで人件費と時間がかかりコストが増えてしまいます。

和室ではなく洋室だけにすることでコスト削減をすることができます。そのため、ローコスト住宅の間取りプランの中に和室が入っていないことが多いです。

もし、和室がほしいという場合は追加費用で対応できるか工務店・ハウスメーカーに相談してみましょう。

4. ハウスメーカーと工務店、設計事務所の違い

ローコスト住宅の家づくりをはじめるには、依頼先をどこにするかは非常に重要です。

代表的な建築業者は、ハウスメーカー・工務店・建築設計事務所の3つ。この3つの業者の違いを材料費、諸経費、人件費の面で考えながら説明していきます。

大手ハウスメーカーについて

大手ハウスメーカーは広告宣伝費や人件費などにお金をかけています。大手ハウスメーカーは潤沢な広告費を活用し宣伝するため他社より認知度が高く売れるスピードも早いです。

工務店について

工務店の多くは、地元密着型で中小規模です。広告も地域限定で人件費も安くすみます。細かい要望でも相談すると、臨機応変に対応してくれるメリットがあります。

建築設計事務所について

建築設計事務所も地域密着型が多いです。設計のプロ集団なので高いデザイン性、居住空間を期待できます。

一方、設計のプロですが、施工作業に関しては別の業者に任せることが多いです。

選び方のポイントとしては、営業マンの少ないところは無駄な経費が少ないのでコストが安くすみます。30代~40代のスタッフが多いところは経験豊富な方が多いのでトラブルがあったときに対応が的確です。

5. ローコスト住宅の工期はどのくらいになるのか?

ローコスト住宅の場合の工期は3ヶ月前後となります。日本で一般的な木造軸組工法の工期が4~6ヶ月ですのでそれと比較すると、かなり工期が短いのが特徴です。

そのため、

  • 「マイホームが必要な時期が決まっている」
  • 「なるべく早く家を建てたい」

といった方の場合は、ローコスト住宅なら設計から入居まで短期間で終えることができる(入居までのスピードが早い)ことがローコスト住宅のメリットになります。

6. ローコスト住宅の「ゆずらない部分」と「ゆずってもいい部分」を考える

ローコスト住宅の「ゆずらない部分」と「ゆずってもいい部分」を考える必要があります。ローコストだからといって施工会社に全ておまかせしてはいけません。

ローコスト住宅を建てる前にはまず「予算が少ないこと」をまず自覚する必要があります。

そして、家を建てる上で「ゆずらない部分」と「ゆずってもいい部分」を考え相談することが成功の一歩になります。

例えば「トイレはひとつでいい。」「キッチンにはこだわらない。」「ローコスト住宅の平屋がいい」というところを明確にしておくことが大切になります。

「ゆずらない部分」と「ゆずってもいい部分」を明確にしておくことで、「気がついたら予算を大幅に超えていた」「一般的な注文住宅と変わらない価格になっていた」というローコスト住宅で多い失敗を防ぐことができます。

ローコスト住宅の「ゆずらない部分」と「ゆずってもいい部分」を考えるときはまずは資料請求をして、工務店やハウスメーカーの価格を知っておきましょう。
このローコスト住宅の「ゆずらない部分」と「ゆずってもいい部分」を採用するとどのくらいの価格なのかの目安ができ、比較することができます。

ローコスト住宅で後悔しないために大事なこと

宮崎のローコスト住宅の相場(建てたい地域の相場)を把握すること

まずローコスト住宅を建てようとしている地域の相場を把握しましょう。

車や家電製品など高いものを購入するとき各店舗の相場を比較しますよね。それはローコスト住宅を選ぶときでも同じです。

本当にこの価格は適正なのか、この価格は安いのかを把握しておかないと、実際は高かったという可能性もあります。

ハウスメーカーや工務店の良いところ悪いところを把握すること

ハウスメーカーや工務店の特徴や商品情報や評判などを確認して良いところ悪いところを把握しておきましょう。

ハウスメーカーや工務店選びは家を建てるということにおいて非常に重要です。

良い家、悪い家というのは住宅メーカーの選びでほぼ決まりますので、じっくりと情報収集をし知識をつけていきましょう。

絞り込んだハウスメーカーや工務店を比較すること

ハウスメーカーや工務店をある程度絞り込んだあとは、今度は絞り込んだハウスメーカーや工務店を比較することが大事です。

ハウスメーカーや工務店の特徴や坪単価、評判などできるだけ比較しましょう。

どのハウスメーカーや工務店か決まったら一度問い合わせをして見るのが大事です。

どのハウスメーカーや工務店に依頼するか決まったら、一度メールで問い合わせをしたほうがよいです。

問い合わせをしてみると、メールの返信の速さや言葉遣い、文面の丁寧さや返答力など今まで見えなかった部分が見えてくるからです。

  • メールの返答が早い
  • 返答内容も正確
  • 言葉遣いも丁寧

などであれば問題ありません。

逆に、

  • メールの返答が遅い
  • 間違いに謝罪文がない
  • 返答内容があいまい
  • すぐに営業感を出してくる

などであれば別のハウスメーカーを検討したほうが良いです。

以上のことを行うと、よいハウスメーカーが見つかりやすくなりますのでまずは資料請求をして情報収集を始めましょう。

宮崎のおすすめ工務店・ハウスメーカー

宮崎の家づくりお役立ち記事

宮崎で注文住宅・新築一戸建ての家づくりを検討中の方に役立つ記事をお届けします。

宮崎の家づくり特集

宮崎県で注文住宅の相談ができるハウスメーカー・工務店を探す

宮崎のハウスメーカー・工務店一覧

宮崎のおすすめ工務店・ハウスメーカーに

まとめて資料請求【無料】