注文住宅の間取りの工夫やアイデア!宮崎で家を建てるためのこだわりポイント

2020年04月27日更新

注文住宅の間取りがなかなか決められずに悩んでいませんか?

  • 注文住宅の間取りはどうすればよいのか?
  • 間取りの工夫やアイデアを知りたい

など、注文住宅を建てるときに一番悩むポイントが間取りです。

注文住宅の間取りを計画することはワクワクしますが、なかなか理想の間取りにたどり着けず計画が進まないことが多いです。

間取りの暮らしやすさによって生活の質が変わってきますので、間取りは重要視していきたいポイント。

そこで今回は、注文住宅の間取りで失敗しないための間取りの工夫とこだわりを注意点を交えながら紹介します。

宮崎で家を建てる際の間取りについて詳しく知りたい場合は、ハウスメーカーや工務店に資料請求をしましょう。資料請求をして間取りのアイデアや工夫を取り入れていきましょう。

目次

宮崎のおすすめ工務店・ハウスメーカー

注文住宅の間取りの工夫「部屋編」

リビングは心地よさ優先に

間取りを考えるときに、1番慎重に考えたいのがリビング。リビングは、1日の生活の中で最も長い時間を過ごす場所です。心地よく、ゆったりとくつろげるリビングをかなえるために、広さ、窓の位置を慎重に検討しましょう。吹き抜けを設けて解放感を演出するのもよいでしょう。

子ども部屋の大きさに注意

子ども部屋の大きさを考えることは、その家に長く住むうえで重要なポイントになります。なぜならば、子ども部屋は、子どもが大人になって家を出た後、使われなくなってしまうことが多いからです。最近では、勉強をダイニングですることも増えており、子ども部屋で子どもが過ごす時間は案外少ないもの。子ども部屋は「寝るだけの部屋」と考えて、思い切って面積を小さくするのも1つの手段です。

キッチンの広さ・配置

毎日使うキッチンは、使いやすく快適でありたいですよね。見た目だけにこだわってキッチンをつくると、動きにくかったり使いにくかったり、後悔につながりかねないので、普段の作業をシミュレーションしながら、収納の位置やコンロ・シンクの配置を検討しましょう。また、キッチンで作業する人と、リビングやダイニングで過ごす人との関係を考えるのも重要。最近人気の対面型のキッチンは、作業しながら子供たちの様子を眺めることができるので、子育て家庭におすすめです。

子育て家庭はキッチンを対面式に

キッチンで作業する人と、リビングやダイニングで過ごす人との関係を考えるのも重要。最近人気の対面型のキッチンは、作業しながら子供たちの様子を眺めることができるので、子育て家庭におすすめです。

1階建てか2階建てか?

最近の傾向として、2階建てではなく、1階建て(平屋)に注目が集まっています。家は広ければ広いほどいい」という考え方は少々古い考え方。家はコンパクトであればあるほど、掃除や整理はラクになりますし、子どもが巣立った後、夫婦2人で住むときにはちょうどいい広さになります。

宮崎で家を建てる際の間取りについて詳しく知りたい場合は、ハウスメーカーや工務店に資料請求をしましょう。資料請求をし間取りのアイデアをたくさん取り入れ理想の間取りを手に入れましょう。

注文住宅の間取りの工夫「収納編」

家族のモノが一気にかたづくウォークインクロゼット

すっきり片付いた状態をキープするには、ウォークインクロゼットの設置がおすすめです。家族の服や日用品などを一か所に仕舞えてとても便利です。洗濯物を干す場所に近い位置につくれば、洗濯した衣類を仕舞うのがラクになり、おすすめです。

アウトドア好きな家族におすすめな玄関横の収納

アウトドアが趣味の家族は、玄関の横に収納をつくるのがおすすめ。なぜなら、アウトドア用品はサイズが大きく、収納場所に困ることが多いからです。玄関土間の続きに収納場所を確保しておけば、汚れなども気にせずにゴルフバッグや釣り道具などをすっきり収納できます。もちろん、靴箱に入りきらない靴もすっきりと仕舞うことができます。

忙しい共働き家族にはパントリーを

夫婦2人とも働いている共働きの家庭にはパントリーの設置がおすすめ。パントリーというのは食品庫のことです。平日は働きに出て、食品は週末に買いだめする…というライフスタイルを送る家族にとって、食品のストックの置き場は必要不可欠。キッチンの近くにパントリーをつくり、買いだめした食品をすっきりと仕舞えるようにしましょう。

宮崎で家を建てる際の間取りについて詳しく知りたい場合は、ハウスメーカーや工務店に資料請求をしましょう。資料請求をし間取りのアイデアをたくさん取り入れ理想の間取りを手に入れましょう。

注文住宅の間取りの工夫「音編」

音が外に漏れないようにする

家の中の音が外に筒抜けになってしまうのを避けるためには、家の中で発せられた音を外に漏れさせないようにする、「遮音性」を上げるための工夫が必要です。遮音というのは、空気で伝わる音が外に漏れないように遮断すること。家の中で発せられた音がそのまま外に伝わらないよう、壁にはコンクリートや鉄板、石膏などを用いる必要があります。

音の反射をブロックする

家の中で音が反射するのはとても心地が悪いもの。音の反射を防ぐには、主に壁の「吸音」性能を上げる必要があります。吸音というのは、音の伝わりを吸収し、音の反射をブロックすること。断熱材を選ぶときに、吸音性のある断熱材を選ぶのがポイント。ウレタンフォーム、ロックウール、グラスウールなどがおすすめです。

窓の選び方で音が漏れるのを防ぐ

壁だけでなく、窓にも防音性能のある製品があります。壁はおよそ20センチの厚みがありますが、窓は5ミリほどしかありません。窓は壁よりも薄いため、音は壁よりも窓から入るのです。もちろん、窓を小さくすれば小さくするほど防音効果は高まりますが、窓を小さくすると日差しが入りにくくなってしまうデメリットも。防音性能のある窓を選び、解放感を得つつも、周囲の音を気にしないで過ごせる快適な住まいをかなえましょう。

断熱・気密性能を上げる

周囲の音が入ってこないようにするには、壁を厚くし、家の隙間をなるべく小さくする必要があります。つまり「断熱・気密性能」を上げると、おのずと家の防音性能が高まるのです。温熱環境もアップしながら防音性能もアップすることもできるので、ビルダーに相談してみましょう。

宮崎で家を建てる際の間取りについて詳しく知りたい場合は、ハウスメーカーや工務店に資料請求をしましょう。資料請求をし間取りのアイデアをたくさん取り入れ理想の間取りを手に入れましょう。

注文住宅の間取りの工夫「生活動線編」

家事動線をラクにする。

間取りを考えるのは家づくりの一番の楽しみですが、気を付けたいのが「動線」です。動線というのは、家の中を移動する経路を線で表したもののこと。動線に考慮されていない間取りは、とても住みにくくなってしまいます。特に、毎日こなさなければならない家事をラクにするには、家事動線を効率にする必要があります。例えば、洗濯に関する動線。洗濯機で洗う→干す→畳む→しまうという一連の動作を、どうすれば効率よく行えるか考えながら、間取りを計画しましょう。

「表動線」で突然の来客にも備える

動線には、「表動線」と「裏動線」というものがあります。表動線というのは、お客さんが来たときに、玄関からリビングへ通る動線のこと。トイレや浴室、洗面室など、お客さんに見られたくない場所を通らずに行ける動線をつくりましょう。

「裏動線」で家族のプライベートを守る

表動線とは逆に、リビングにお客さんがいるときに、邪魔をせずに2階の自分の部屋で行ける動線を裏動線といいます。来客の多い家庭は、表動線・裏動線をつくっておくと、いざというときに焦らなくて安心です。

回遊性を意識する

行き止まりのない、ぐるりと歩ける動線のことを「回遊動線」といいます。回遊できる間取りは、1つの場所からアクセスできる場所が増えるので、移動距離が短くなり、動線の短縮ができます。行きたい場所に効率よくアクセスできるのは、ストレスフリーにつながります。また、回遊動線があることで家の解放感もアップすることができます。

宮崎で家を建てる際の間取りについて詳しく知りたい場合は、ハウスメーカーや工務店に資料請求をしましょう。資料請求をし間取りのアイデアをたくさん取り入れ理想の間取りを手に入れましょう。

注文住宅の間取りの工夫「配線編」

配線計画は早めに検討する

配線の計画は、なるべく早めに決定しましょう。なぜなら、配線の変更の可否は、工法や工事の進み具合によって大きく変わるからです。あらかじめ、いつまでに申し出れば変更が可能なのかを、着工前に業者に確認をとっておきましょう。

使い勝手をイメージしながら配線計画をする

家を建てた後で後悔をしない配線計画は、事前の慎重な計画が不可欠。ハウスメーカーや工務店が作成する配線図面に、自分で家具や家電を書き込み、使い勝手を想像してみましょう。特に気を付けたいのが、家電をたくさん置くキッチンまわり。また、最近はスマートフォンの充電のための配線は不可欠です。どこに配線をするのが最も便利か、シミュレーションしながら検討しましょう。

不安ならコンセントを多めにつくっておく

「どこにどれくらいあればいいか分からない…」という方は、多めにコンセントを用意しておきましょう。コンセントが足りないと、部屋が延長コードだらけになってしまうことも。あらかじめ多めに設置しておけば、模様替えの際にもコンセントの位置にとらわれず、自由に家具や家電を配置できます。

宮崎で家を建てる際の間取りについて詳しく知りたい場合は、ハウスメーカーや工務店に資料請求をしましょう。資料請求をし間取りのアイデアをたくさん取り入れ理想の間取りを手に入れましょう。

注文住宅の間取りの工夫「暑さ・寒さを感じない仕組み編」

窓の選び方と配置の大きさに注意

冬は暖かく、夏は涼しい家をつくるには、家の中の熱を外に逃がさないようにする工夫が必要です。熱が逃げやすい一番の場所は、窓です。大きくな窓は開放的でとても気持ちがいいもの。なるべく断熱性能のよい窓を選んで、熱が外に逃げないようにしましょう。

日差しをたっぷり取り入れられる窓を

冬を暖かく過ごすには、日差しを部屋の中にたっぷりと取り入れることも大切です。そのためには、南に大きな窓を配置することがポイント。日中に日差しが入り、室温がぐっと暖かくなります。逆に、夏は日差しが部屋に入ってくると室温があがってしまいます。ひさしをしっかり出して、日差しを遮りましょう。

断熱材の選び方

断熱材にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴が異なるため、選び方が難しいもの。断熱材のカタログには、熱伝導率や値段も載っていますが、「断熱性能があるかどうか、値段が安いかどうか」という単純な考えで選ぶのはNG。「施工精度に差がでないかどうか」「引火性がないかどうか」「湿気に弱くないかなど」さまざまな観点で比較し決定しましょう。

宮崎で家を建てる際の間取りについて詳しく知りたい場合は、ハウスメーカーや工務店に資料請求をしましょう。資料請求をし間取りのアイデアをたくさん取り入れ理想の間取りを手に入れましょう。

注文住宅の間取りの工夫「屋外空間編」

家の顔「庭」があれば外観はキマる!

家の外装がシンプルでも、庭があれば、外観は格好よく決まります。建物に予算を取られ、庭にかけるお金がない…といった方も多いかもしれませんが、外装を安いもので仕上げても、庭の植栽が家の印象をぐっと高めてくれます。手入れがネックになる人は、「シンボルツリー」だけ植えるのもおすすめです。

ベランダで屋外と屋内をつなぐ

リビングからそのまま外に出られるベランダをつくって、外と内をつなぐ「中間領域」とすれば、外が身近に感じられます。外とのつながりを感じられる室内空間はとても気持ちがよいものです。天気の良い日はベランダでBBQをしたり、食事をしたりなど、ダイニングのように使うのもおすすめです。

宮崎で家を建てる際の間取りについて詳しく知りたい場合は、ハウスメーカーや工務店に資料請求をしましょう。資料請求をし間取りのアイデアをたくさん取り入れ理想の間取りを手に入れましょう。

注文住宅の間取りの工夫「視線を遮る仕組み編」

窓を高い位置につくる

外からの視線を遮るには、まずは窓の位置を考えましょう。道路を歩いている人と同じ目線の高さでは、家の中にいる人と目線が合ってしまいます。目線よりも高い位置、もしくは低い位置に窓をつくることで、カーテンやブラインドなどを使わなくとも視線を気にせずに過ごすことができます。

外付けブラインドをつける

外からの視線を遮るには、外付ブラインドを設置するという手段もあります。視線を遮るだけでなく、夏の暑い日射をカットできるうえに、防犯性も高まります。初期費用はかかりますが、家の外観も損なわずおすすめです。

目隠しフェンスをつくる

通行人からの視線を完全にカットするには、フェンスをつくるのが有効です。その際、見た目もこだわったフェンスをつくり、外観の印象を損なわないようにしましょう。植栽で目隠しする場合には、植栽の樹種を落葉樹にしてしまうと、冬は枝だけになってしまい目隠しの効果がなくなってしまいます。外構工事の際には、目隠しのための植栽であることを伝えておくとよいでしょう。優しい印象を与える木製のルーバー状フェンスなどもおすすめです。

植栽で目隠しする

庭のある住宅なら、植栽で目隠しするのもおすすめ。ただし、植栽の樹種を落葉樹にしてしまうと、冬は枝だけになってしまい目隠しの効果がなくなってしまいます。外構工事の際には、目隠しのための植栽であることを伝えておきましょう。

まとめ

注文住宅はさまざまなことを同時に考えなければなりません。もちろん、ハウスメーカーや工務店側からも色んな提案をしてくれますが、自分で前もって間取り計画のポイントを知っておくと、より理想の家づくりに近づきます。

間取り計画は、生活動線やライフスタイルが重要です。普段生活していて、どのような動線で住宅の中を移動しているのか。そして新しい間取りには何が必要なのか優先順位をしっかり決めて進めていきましょう。

間取りのアイデアを出していくときは、家事をすることが多い人が一番よいといわれています。それは、家事をすることが多いで、使いやすい間取りが想像しやすいことと家事をする人の動線を尊重するご家庭が多いからです。

宮崎で家を建てる際の間取りについて詳しく知りたい場合は、ハウスメーカーや工務店に資料請求をしましょう。資料請求をし間取りのアイデアをたくさん取り入れ理想の間取りを手に入れましょう。

宮崎のおすすめ工務店・ハウスメーカー

宮崎の家づくりお役立ち記事

宮崎で注文住宅・新築一戸建ての家づくりを検討中の方に役立つ記事をお届けします。

宮崎の家づくり特集

宮崎県で注文住宅の相談ができるハウスメーカー・工務店を探す

宮崎のハウスメーカー・工務店一覧

宮崎のおすすめ工務店・ハウスメーカーに

まとめて資料請求【無料】