ローコスト住宅ランキング 人気の安いハウスメーカー工務店はどこ?

ローコスト住宅という1000万円、1500万円の低予算で住宅を建てられる注文住宅がテレビCMなどでも見かけるようになりました。

住宅を建てるための予算として3,000万円は必要といわれていますが、ローコスト住宅なら1000万の家、1500万円の家といった従来の予算の半分の低価格で建てることができます。

家を安く建てる手段とし広がりつつあるローコスト住宅ですが、

  • 「ローコスト住宅はどこが人気なのか」
  • 「安いハウスメーカーで建てたい」
  • 「ローコスト住宅とは一体どのような住宅なのか」
  • 「ローコスト住宅の相場はいくらなのか」
  • 「どうやったら建てられるのか」

といったローコスト住宅で悩む部分を解決する方法を紹介します。

長く住む家なのでローコスト住宅でも安心して住みたい。安い住宅を建てたい。そんな方にオススメの記事です。

  1. ローコスト住宅ハウスメーカーランキング
    1. アエラホームのローコスト住宅「PRESTO~さきがけ」
    2. アイフルホームのローコスト住宅「セシボシリーズ」
    3. タマホームのローコスト住宅「大安心の家」
    4. エフイーホームのローコスト住宅「二世帯3階建のカリフォルニアスタイルの家」
    5. ハウジング・カフェのローコスト住宅「HIKARIA-ヒカリア-」
    6. クレバリーホームのローコスト住宅「エネリート」
    7. ユニバーサルホームのローコスト住宅「ラビスタ」
  2. ローコスト住宅とは?
  3. ローコスト住宅はなぜ低価格で家が建てられるのか?
    1. ローコスト住宅って安全なの?
  4. ローコスト住宅のデメリットは?
    1. ローコスト住宅は必要最低限の設備
    2. ローコスト住宅は間取りの自由度が低いことが多い
  5. ローコスト住宅を建てるときに失敗しないため5つのポイント
    1. 実際の建築価格がいくらなのか確認する
    2. 希望する間取りの注文住宅が建てられるのか
    3. ローコスト住宅がなぜ安いのか知っておく
    4. ローコスト住宅のメンテナンスやアフター保証
    5. ローコスト住宅でもハウスメーカーそれぞれ得意とする強みがある
  6. ローコスト住宅の評判を見極める方法
    1. ローコスト住宅のオプションを確認する
    2. ローコスト住宅の工期の長さを確認する
    3. ローコスト住宅が安い理由 間取りや構造がシンプル
    4. ローコスト住宅が安い理由 広告や販売の経費を削減している
  7. ローコスト住宅で後悔しないために大事なこと

ローコスト住宅ハウスメーカーランキング

ローコスト住宅ランキング

ハウスメーカーローコストランキングです。「家を建てるなら価格の安いハウスメーカーで建てたい」と考えている人向けにローコスト住宅をランキング形式でまとめました。坪単価や参考価格は、各社の公式サイトにて掲載されている住宅プラン価格及び坪数を最小基準にしまとめています。

アエラホームのローコスト住宅「PRESTO~さきがけ」

アエラホームは全国で注文住宅を建てられるハウスメーカーです。坪単価39.8万円~45.0万円で建てられる「PRESTO~さきがけ」を提供しています。本体参考価格(38坪・税抜)は、1,517万円です。

PRESTO~さきがけ」は、ローコストな価格帯でも外張りW断熱など豪華な標準仕様で評判です。

アエラホームはローコストでありながら高い断熱性と高い耐震性を備えた注文住宅として評価され、年間600棟以上の新築一戸建てを手がけています。

アイフルホームのローコスト住宅「セシボシリーズ」

アイフルホームは、予算にあわせた3段階のプラン

を用意しており住宅のバリエーションが豊富なことが特徴です。

ローコスト住宅の住まいとしては、「セシボ爽」という省エネ住宅を提供しています。坪単価29万円~で本体参考価格(40坪・税抜)は、1,192万円です。

セシボ爽は、木造住宅に最適なグラスウールを使用することで建築後の断熱性能を長く保つことのできる住宅です。一般的なガラスと比べ約2倍の断熱性をもつLow-E複層ガラスを使用したサッシなども使うことでエアコンを使わないエコな省エネ住宅となっています。

タマホームのローコスト住宅「大安心の家」

大安心の家タマホームのベストセラー住宅です。坪単価30万円で建てられ、本体参考価格(40坪・税抜)は、1,200万円です。

大安心の家」は、ローコストな価格帯でも太陽光発電システム搭載していることが魅力の1つです。

タマホームはローコストでありながら高い耐震性と機能性を備えた注文住宅として人気です。

エフイーホームのローコスト住宅「二世帯3階建のカリフォルニアスタイルの家」

エフイーホームは、大阪県、兵庫県など近畿地方を中心に、安くて耐久力のある家を提供するローコスト住宅会社です。

エフイーホームは、重量鉄骨造のローコスト住宅を提供しています。坪単価は39.8万円~65.0万円となっています。全国でも重量鉄骨造のローコスト住宅は珍しいです。

徹底した流通コストの削減によって、自由設計で高耐久・高耐震設計の注文住宅をローコストで実現することを可能にしました。

ハウジング・カフェのローコスト住宅「HIKARIA-ヒカリア-」

ハウジング・カフェは、北海道を中心に暖房効率のよい暖かいローコスト住宅を提供している住宅会社です。

「HIKARIA-ヒカリア-」は、太陽光発電システム搭載したツーバイフォー・ツーバイシックス工法で建てられるローコスト住宅です。屋根に設置された太陽光発電システムでエネルギーを作り出します。住宅内は高断熱と高気密となっていますので暖房効率もいいことが魅力的な住宅です。

HIKARIA-ヒカリア-の坪単価は40.0万円~55.0万円。本体参考価格(32坪・税抜)は、1,590万円です。

ハウジング・カフェは、熱交換気システムにより春夏秋冬年中すごしやすい寒い北海道エリアでも安心してすごせる注文住宅を提供しています。

クレバリーホームのローコスト住宅「エネリート」

クレバリーホームは断熱性能に優れている家を建てることができるハウスメーカーです。坪単価40.0万円〜「エネリート」を提供しています。本体参考価格(40坪・税抜)は、1,600万円です。

エネリート」は、ローコストな価格帯でありながらブローイング断熱材や樹脂サッシ+Low-Eトリプルガラスが採用されています。

ブローイング断熱材を使用するブローイング工法は質量も軽く、建物に負担をかけないため、建物の寿命を損なわないというメリットもあります。

ユニバーサルホームのローコスト住宅「ラビスタ」

ユニバーサルホームのラビスタは、天井が高いことが特徴なローコスト住宅です。ラビスタは、1階のリビングの天井を通常の1.5倍の高さ3,7mにすることで広々とした天井となっています。坪単価40.0万円、本体参考価格(40坪・税抜)は、1,600万円です。

また、ユニバーサルホームの家の特徴である地熱床システムも採用されています。地熱床システムを採用した家は10,000棟も建てられており実績もありますので、夏場は涼しく冬場は暖かい家に住みたいという方にユニバーサルホームの地熱床システムはオススメです。

\ハウスメーカーの資料を無料でもらう/

ローコスト住宅とは?

ローコスト住宅とは、一般的な注文住宅より安い価格で建てられる住宅のことをいいます。一般的な注文住宅の坪単価相場は60万円~80万円ですが、ローコスト住宅は、坪単価20万円~50万円という坪単価で建てることができます。

この坪単価費用には外構工事なども含まれていて、坪単価50万円までに抑えられたらローコスト住宅と一般的にいわれています。30坪の土地に坪単価30万円で建てると900万円で家を建てられます。安い費用で注文住宅が建てられることがローコスト住宅の一番のメリットです。

※坪単価とは?

坪単価とは、注文住宅を建てるときの1坪(タタミ2枚分/およそ3.3平米㎡)当たりの建築費がいくらかかるかを示すものです。家を建てるときにかかる1坪当たりにかかる建築費が坪単価です。本体価格を延べ面積で割った数値として、おおよその目安として一般的にも参考にされています。

引用元:注文住宅の坪単価とは何か?

マイホームを低価格で建てることができるローコスト住宅ですが、なぜローコストで住宅が建てられるのでしょうか。それは徹底したコストカットにあります。

ローコスト住宅はなぜ低価格で家が建てられるのか?

ローコスト住宅が安くで家を建てられる一番の理由は、材料費の削減です。

材料費の削減と聞くと、「材料や品質はどうなの?」と疑問に思いますよね。

実際のローコスト住宅は材料や品質はほぼ同じで、大手ハウスメーカーで使用しているものとほとんど違いがありません。材料自体の質を下げるのではなくシンプルな構造な家を建てることで建築費用の削減をします。

建物自体をシンプルな構造にすることで余分な材料を省くことで材料費が安く抑えることができるのです。そのためローコスト住宅はシンプルな形の家が非常に多いです。

※シンプルな構造イメージ画像

その他にも、

  • 材料を工場でカットしてから建てる(現場で切らない)
  • 和室が少ない傾向にある(畳引き込み費用削減)
  • 展示場を建てない(宣伝費の削減)
  • 独自の材料仕入れルートを確保(材料費の削減)
  • 建てるまでの時間を短くする(人件費の削減)

をしているところが多いです。

ローコストで住宅を提供するために徹底してコストカットをしているのでローコスト住宅が建てられるのです。

シンプルな構造にすることで、なぜ低価格な家を提供できるのかというと、

  • 時間、工程
  • 手間
  • 費用

のカットにつながりコストカットができるからです。

ローコスト住宅って安全なの?

ローコスト住宅って安全なの?

ローコスト住宅は、一般的な住宅の耐震性を備えていますので安いけど実は安全です。

長期優良住宅の認定を受けているローコスト住宅もあります。長期優良住宅は「いいものを作って、きちんと手入れをして長く大切に使う」ための法律です。

長期優良住宅の認定は国土交通省で認定を受けます。その厳しい審査をローコスト住宅でも通ることができるのです。もちろん全てのローコスト住宅が認定を受けられるということではないので事前に確認が必要です。

ローコスト住宅のデメリットは?

ローコスト住宅は少ない予算で住宅を建てることができることが大きなメリットですが、どんな住宅でも必ずデメリットはあります。ローコスト住宅のデメリットを確認して、メリットのほうが大きい感じた場合はローコスト住宅はオススメです。

ローコスト住宅は必要最低限の設備

ローコスト住宅は一般的な注文住宅の最低限の設備が付いています。設備で一番注意するところは断熱性や気密性です。

一昔前のローコスト住宅は、断熱性や気密性が低いといわれていましたが、今は高断熱、高気密の住宅も増えています。それでも、まだ断熱性や気密性に力を入れていないハウスメーカーもいるので断熱性や気密性の確認は怠らないようしましょう。

断熱性や気密性が低いと家の中が寒く感じたり、光熱費もあがってしまいますので非常に重要な見るポイントとなります。

最低限の設備ではもの足りない人は、オプションでグレードアップするなどの対策が必要です。グレードアップしたときに予算を超えてしまうとデメリットになってしまいます。グレードアップを重ねた結果、普通の注文住宅の価格と変わらないということもおきます。

ローコスト住宅は間取りの自由度が低いことが多い

注文住宅は自由にあれこれ決めて建てられるが一番大きなメリットですが、ローコスト住宅はシンプルな構造のコンパクトな住まいが多いことから間取りの自由度が低いことが多いです。

「収納を多めにしたい」「仕事部屋を作りたい」などの自分が理想とする間取りが実現できるのかが確認が必要です。ローコスト住宅だと「どこまでができて」「どこまでができない」のか把握しておくことが大事です。

ローコスト住宅を建てるときに失敗しないため5つのポイント

ローコスト住宅の注意点とハウスメーカーの評判を見極める方法を紹介します。ローコスト住宅を建てたい人で多い悩みのポイントは価格。

ローコスト住宅が安いからといって予定していたより建築価格がオーバーしてしまったのではローコスト住宅を選んだ意味がなくなります。まずはローコスト住宅を建てるための知識をつけて夢のマイホームに一歩近づきましょう。

実際の建築価格がいくらなのか確認する

ローコスト住宅は少し建築価格が複雑です。

通常であれば標準仕様になる部分でもオプションになっている場合があります。表面的なデータだけでなく、オプションを含めた内容をよくチェックしてから決めましょう。ハウスメーカーによっては独特の算出方法で出しているので注意が必要です。

述べ床面積なのか施工床面積なのかをチェックし、坪単価についても算出方法をよく確認するようにしましょう。

希望する間取りの注文住宅が建てられるのか

ローコスト住宅には間取りに自由度があるタイプとないタイプがあります。
注文住宅なのに設計の制限が厳しく規格型住宅と変わらないケースもあるので、事前にしっかり確認しておきます。

規格型住宅は、あらかじめ決められた部材を大量に生産することができるのでコストを抑えられます。中には、規格型住宅なのに自由に建てられる注文住宅のように宣伝して販売している会社もあります。そのような会社に騙されないためにも厳しいチェックが必要です。

最初にどのような注文住宅なのかを把握し、注文者側の希望を伝えて無理な部分は修正していくようにしましょう。

ローコスト住宅がなぜ安いのか知っておく

ローコスト住宅には安い理由があります。どうして安く家を建てることができるのかを知っておくことはとても重要です。品質の良い木材を使っていても企業努力によってコストを削減しロースコストの家を実現することは可能です。

ハウスメーカーの中には、木材以外の部分で妥協しているケースもあります。住宅の価格が相場よりも低い場合は、なぜ安くなっているかを会社側からよく説明してもらい、納得してから購入することが大事です。相手側の話を鵜呑みにせず様々な視点から細かくチェックして契約すれば、後で後悔せずに済みます。

ローコスト住宅のメンテナンスやアフター保証

注文住宅を建てた場合、メンテナンスやアフターフォローも重要です。

新築の住宅を建てたあとに予期せぬ問題が発生することもあるので、修理や保証については事前によく把握しておきます。一戸建て住宅の場合は、修理や保証を依頼する関係でハウスメーカーとの付き合いが長くなります。何かあったときにすぐ相談できるアフターフォローが万全なハウスメーカーであれば安心です。

日頃から大手ハウスメーカーをチェックをしておくことも大事です。日本でトップクラスのハウスメーカーは、住宅を建てることはもちろんアフターサービスも一流です。レベルの高いサービスを知っておくことで、ローコスト住宅を選ぶ時にもよりよい選択が可能になります。

ローコスト住宅でもハウスメーカーそれぞれ得意とする強みがある

日本ではローコスト住宅を建てているメーカーが増えていますが、住宅メーカーによって得意分野があります。

高気密や高断熱を売りにしている家や地震に強い家を得意とするハウスメーカーもあれば、太陽光発電システムによるローコスト住宅を得意とするメーカーもあります。2階建てに強いメーカーがある一方で平屋建てに強いメーカーもあり、希望に合わせて自由に選択できます。

ローコスト住宅を建てる場合は、自分達のライフスタイルに合った住宅を建てることが大切です。
住宅メーカーの得意分野をよく知ることで、リーズナブルで性能の良い家を実現することができます。インターネットのおかげで住宅メーカーの情報も簡単に取得できる時代になっているので、事前に多くの情報を集めて検討することが可能です。

ローコスト住宅の評判を見極める方法

ローコスト住宅のオプションを確認する

注文住宅が安く建てられるローコスト住宅は、無駄なものを省いて価格を低く抑える工夫をした住宅です。しかしローコスト住宅では標準設備であるものが省かれている場合もありますので、どこまで無料で設備がついてくるのかはきちんと確認しなければなりません。

中には必要なオプションを次々とつけていった結果、一般的な住宅よりも建設費用が高くなってしまったということもあります。自分達にとって必要な設備がなければ暮らしにくくなり、意味がないでしょう。どこまで設備がついているのかは必ず確認するようにしましょう。

ローコスト住宅の工期の長さを確認する

一般的な従来の工法で建てられた木造住宅は4~6ヶ月ほどですが、ローコスト住宅は3ヶ月前後と工期が短いことも特徴です。

これは住宅を規格化するので予め工場で材木をカットしていたり、組み立てることが出来るために可能なことなのです。しかし適切な人件費をかけていたり工事をしていれば極端に短くはなりませんから、短すぎると注意しなければなりません。

建築にかかる時間は長いほうがいいと思うくらいで丁度いいので、プランが出た時にどれほどの期間で終了するのかはしっかりと確認しましょう。ここを見逃すと手抜き工事である可能性もあります。

ローコスト住宅が安い理由 間取りや構造がシンプル

ローコスト住宅が安い理由としては、資材や設備の一括購入による仕入れのコスト削減や、家の形状を四角形にすることで間取りがシンプルな注文住宅になるからです。

規格化して同じ大きさ、間取りにすることで、あらかじめ工場で材木をカットしたり組み立てたりすることができるので従来の注文住宅よりも手間がかかっていません。そのため、人件費も抑えることができるのです。

しかしそれぞれの会社で独自の工夫が含まれていることも忘れてはいけません。安く、かつ良いものなのか、安いのは当然と納得できるような価値しかないような家なのかを見極めることが大切です。

ローコスト住宅が安い理由 広告や販売の経費を削減している

ローコスト住宅を建てられる会社は、ハウスメーカーや工務店、設計事務所など色々あります。ローコスト住宅を提供している会社は広告や販売の経費を削減しているところが多いです。

大手の会社であれば宣伝広告費がかかるのであまり安くはならないと考えてしまいがちですが、実際は大手の会社でも宣伝や広告の費用を抑えて家に還元している会社もあります。販売にかかる経費を削減することで価格を抑えている会社もあります。

まずはしっかりと話をきいて確認し、それまでに施行した事例なども見せてもらって自分が納得して任せることができる会社を見つけるのがよいでしょう。資料を請求して対面で話し、現地へも足を運ぶということを地道に繰り返して良い会社を見つける努力も必要です。

ローコスト住宅で後悔しないために大事なこと

建てたい地域の相場を把握すること
まずローコスト住宅を建てようとしている地域の相場を把握しましょう。車や家電製品など高いものを購入するとき各店舗の相場を比較しますよね。それはローコスト住宅を選ぶときでも同じです。本当にこの価格は適正なのか、この価格は安いのかを把握しておかないと、実際は高かったという可能性もあります。

ハウスメーカーの良いところ悪いところを把握すること
次に、ハウスメーカーの特徴や商品情報や評判などを確認して良いところ悪いところを把握しておきましょう。ハウスメーカー選びは家を建てるということにおいて非常に重要です。

家を建てるというのは多額の費用がかかり、多くの人は一生に一度購入するかできないかという大きなの買い物なので、失敗したくはありません。

良い家、悪い家というのは住宅メーカーの選びでほぼ決まりますので、じっくりと情報収集をし知識をつけていきましょう。

絞り込んだハウスメーカーを比較すること
ハウスメーカーをある程度絞り込んだあとは、今度は絞り込んだハウスメーカーを比較することが大事です。ハウスメーカーの特徴や坪単価、評判などできるだけ比較しましょう。

どのハウスメーカーか決まったら一度問い合わせをして見るのが大事です。

どのハウスメーカーに依頼するか決まったら、一度メールで問い合わせをしたほうがよいです。

問い合わせをしてみると、メールの返信の速さや言葉遣い、文面の丁寧さや返答力など今まで見えなかった部分が見えてくるからです。

  • メールの返答が早い
  • 返答内容も正確
  • 言葉遣いも丁寧

などであれば問題ないです。

逆に、

  • メールの返答が遅い
  • 間違いに謝罪文がない
  • 返答内容があいまい
  • すぐに営業感を出してくる

などであれば別のハウスメーカーを検討したほうが良いです。

以上のことを行うと、よいハウスメーカーが見つかりやすくなります。