ジーヴォシグマ(xevo Σ)の坪単価や価格を紹介|大和ハウスの注文住宅

ジーヴォシグマ(xevo Σ)とは?

「ジーヴォシグマ(xevoΣ)」とは、持続型耐震技術による安心感、外張り断熱による一年を通した快適さ、天井高2m72cmがもたらす居住スペースの開放感を兼ね備えた、ダイワハウスの最上位クラスの注文住宅です。

ダイワハウスは巨大地震後に余震が繰り返されることに着眼し、住宅の耐震性能を進化させることによって新築時の耐震性能を維持できる「持続型耐震」技術を開発しました。xevoΣではこの技術により、住宅が繰り返しの地震を受けることで耐震性能が低下する「ゆれ疲れ」を軽減します。
またこれまでの顧客ニーズと満足度から、床面積にとらわれないゆとりある空間づくりが必要であると考え、新しく住まいづくりに取り入れられたのが「脱・床面積」という思想です。

家族が一番長く時間を過ごす場所だからこそ開放感を持って過ごせる天井高2m72cmの「グランリビング」を標準採用し、さらに天井高2m80cmプランを用意しました。空間の変化を楽しむことができるように、ドアなどの建具といったインテリアも2m80cmのものを充実させ、天井までサッシを広げるなど、天井一杯にインテリアを広げることで、よりデザイン性も高いものになっています。

ジーヴォシグマ(xevo Σ)の坪単価と価格は?

大和ハウスの注文住宅ジーヴォシグマ(xevo Σ)の坪単価67.7万円〜です。土地40坪の家を建てた場合の参考価格は2,708万円。

ジーヴォシグマ(xeroΣ)の坪単価の目安価格

ジーヴォシグマ(xevo Σ)の坪単価67.7万円と考えたときの「30坪」「40坪」「50坪」「60坪」の目安価格は以下のようになっています。ジーヴォシグマ(xevo Σ)の30坪の家を建てたときの価格は2,031万円となっています。

  • 30坪のジーヴォシグマを建てたときの価格は2,031万円
  • 40坪のジーヴォシグマを建てたときの価格は2,708万円
  • 50坪のジーヴォシグマを建てたときの価格は3,385万円
  • 60坪のジーヴォシグマを建てたときの価格は4,062万円

ジーヴォシグマ(xevo Σ)に使われている標準装備や設備

注文住宅ジーヴォシグマ(xevo Σ)で使用されている標準装備や設備を紹介します。ジーヴォシグマ(xevo Σ)には、外張り断熱やD-NΣQST(ディーネクスト)が採用されています。

ジーヴォシグマ(xevo Σ)の外張り断熱

外張り断熱とは、住まいを柱の外側から全て包んで断熱する工法です。

ジーヴォシグマ(xevo Σ)では天井は「小屋根裏断熱」、外壁は「外張り断熱通気外壁」、床は「根太レス断熱工法」と外気と触れる全ての面において高性能の断熱材で隙間なく包み込むことで高断熱化を実現しています。また外気温の影響を受けやすい窓には「アルミ樹脂複合サッシ」を採用しています。

その中でもジーヴォシグマ(xevo Σ)では従来の「外張り断熱通気外壁」を進化させることで、断熱性能・耐久性能・遮音性能がより一層高いものとなりました。

D-NΣQST(ディーネクスト)

「D-NΣQST(ディーネクスト)」とは、新開発のエネルギー吸収型耐力壁です。

新しく開発された「Σ形デバイス」が地震エネルギーを効果的に吸収することで、繰り返しの地震動に対しても、初期の耐震性能を維持します。

また、地震エネルギーを「Σ形デバイス」に集中させることで住宅の基礎の損傷を防ぐため、従来のxevoと比較すると揺れ幅は最大で3分の2に軽減され、建物全体の損傷も最小限に抑えます。

グランリビング

構造躯体の強度アップによって実現可能となったのが「グランリビング」です。標準天井高2m72cm×開口幅7m10cmという業界最大クラスの大空間が開放的で光あふれる居住空間を叶えます。

従来の構造柱より強度の高い角形鋼管柱を採用することで垂直荷重の強度を向上し、さらに新開発のエネルギー吸収型耐力壁「D-NΣQST」が従来比で最大約2倍の耐力を実現するために、xevoΣではこれまでより少ない柱と耐力壁で自由度の高いプランニングを可能としました。

天井高は2m40cm、2m72cm、さらにグランリビングモア(36cmダウン)と折上天井(8cmアップ)を組み合わせることで、最高3m16cm(1階のみ)というプランを用意。リビングを広くて開放的なものにしたい、限られた敷地だからこそ部屋を広く感じられるようにしたい、といった要望に応えます。

まとめ

項目ジーヴォシグマ(xevo Σ)
参考価格2,708万円
坪単価67.7万円~
工法軽量鉄骨構造
会社名大和ハウス
発売開始日2014年1月24日