KODOMOTTO(こどもっと)の坪単価や価格を紹介|パナソニックホームズの注文住宅

スポンサーリンク
スポンサーリンク

KODOMOTTO(こどもっと)は、パナソニックホームズ(旧パナホーム)の子育て世帯向けの注文住宅です。この記事ではKODOMOTTO(こどもっと)の「坪単価」「価格」「設備」ついて紹介します。

KODOMOTTO(こどもっと)はパナソニックホームズの注文住宅の中で、

  • 子育て世代向けの住宅
  • 子育てしやすい間取りや設備を重視
  • 子どもの好奇心を刺激する空間
  • 自然に学ぶが詰まった住宅

です。

今回は、2018年10月27日に発売された注文住宅「KODOMOTTO(こどもっと)」について紹介します。

スポンサーリンク

KODOMOTTO(こどもっと)とは?

KODOMOTTO(こどもっと)は、子どもがいる家族向けのパナソニックホームズの注文住宅です。

こどもっとは、パナソニックホームズと学研が共同開発し学研の得意とする「育てるチカラ」「一緒に学ぶチカラ」「育てる環境」を最適化した住宅です。子育てのしやすい間取りや設備を取り入れることで自然と身につける能力を育てます。

  • 育ちの基盤:子どものカラダと生活の基礎を育てる空間
  • 育ちの意欲:家族の「いっしょに学ぶ」をサポートしやすい空間
  • 育ちの環境:家族の好奇心を刺激する空間

KODOMOTTO(こどもっと)の坪単価と価格は?

パナソニックホームズの注文住宅KODOMOTTO(こどもっと)の坪単価74万円〜です。土地38.67坪の家を建てた場合の参考価格は2,877万円。

KODOMOTTO(こどもっと)の坪単価の目安価格

KODOMOTTO(こどもっと)の坪単価74万円と考えたときの「30坪」「40坪」「50坪」「60坪」の価格は以下のようになっています。

  • 30坪のKODOMOTTO(こどもっと)を建てたときの価格は2,100万円
  • 40坪のKODOMOTTO(こどもっと)を建てたときの価格は2,800万円
  • 50坪のKODOMOTTO(こどもっと)を建てたときの価格は3,500万円
  • 60坪のKODOMOTTO(こどもっと)を建てたときの価格は4,200万円

KODOMOTTO(こどもっと)に使われている標準装備や設備

注文住宅KODOMOTTO(こどもっと)で使用されている標準装備や設備を紹介します。KODOMOTTO(こどもっと)には、家族全員で成長できる3つの空間が採用されています。

子どものカラダと生活の基礎を育てる空間

子どもの「運動機能」と「正しい生活習慣」を自然と身につけさせたい人のために、「成長にあわせた収納家具」や「子どもが集中できる環境や想像力を育てる秘密基地」、「運動能力や感覚能力を鍛えるわんぱくウォールフロア(子供用ボルダリングウォール)」を採用しています。

子どもに必要な基盤能力を育てたり、正しい生活習慣を自然と覚えさせてくれます。

家族といっしょに学びやすい空間

子どもをもつ親の悩みで多いのが、「どうやって子どもに勉強をさせるか」という悩みです。勉強をさせるにはまずは親子が一緒に学ぶことが大事です。

子どもだけが勉強するのではなく、親も同じ空間で仕事をしたり趣味に没頭することが大切です。一緒に仕事をしたり家事をしたりすることで学ぶ意欲を育てます。

家族の好奇心を刺激する空間

子どもが学ぶことを続けるために好奇心を持たせることは大切です。家族全員がいつでも「面白い!」「楽しい!」「それなに?」と興味いだかせる設備や間取りを取り入れています。

まとめ

パナソニックホームズの注文住宅KODOMOTTO(こどもっと)は、子育てしやすい環境に特化した住宅です。子どもが自然と学びやすい空間を間取りや設備に取り入れています。

項目KODOMOTTO(こどもっと)
参考価格2,877万円
坪単価74万円~
工法制震鉄骨軸組構造と大型パネル構造
会社名パナソニックホームズ
発売開始日2018年10月27日
これから家づくりをはじめるあなたに!
見積り&間取りプランを無料作成
見積り&間取りプランを無料作成

注文住宅の家づくりを進めるとき多くの人が、

・マイホームの予算を安く抑えたい
・どこで建てればよいのかわからない
・間取りプランの提案が欲しい

といった悩みから計画がなかなか進まないということに...。

そういった家づくりの悩みを解決するために、注文住宅のプロがあなたにあった 『見積り&間取りプラン』を無料で作成してくれるタウンライフの家づくり計画書。

家でじっくりと資料を比較してハウスメーカーを決めたい方にオススメです。

・見積り&間取りプランを無料作成

スポンサーリンク
注文住宅ニュース注文住宅をハウスメーカーで建てる
この記事が気に入ったらフォロー!しよう
注文住宅・新築一戸建てガイド