積水ハウスの注文住宅「BIENA(ビエナ)」とは?

積水ハウスは3階、4階建て重量鉄骨の新構法フレキシブルβ(ベータ)システムを取り入れた注文住宅BIENA(ビエナ)を2017年11月2日に発売開始しました。BIENA(ビエナ)は設計の自由度が高く各階の間取りを自由に変えることができる住宅です。

スポンサーリンク

BIENA(ビエナ)の特徴は?

積水ハウスのBIENA(ビエナ)の特徴は、各階の間取りを自由に設計することができることです。店舗併用住宅や2世帯住宅、駐車スペースの確保など同じ間取りでは建てにくい構造も思いのままの間取りでつくることができます。

BIENA(ビエナ)のフレキシブルβシステムとは?

フレキシブルβ(ベータ)システムは、積水ハウスの新しい構造システムです。家の4隅に必要だった通し柱をなくすことで柱の位置を自由に動かし間取りの自由度を高めます。
積水ハウスの代表的な構法βシステム構法とフレキシブルβ(ベータ)システムと比較すると、従来比2.5倍の高強度柱「WHコラム」と高強度梁「WHビーム」を採用することで柱の本数を従来比25%削減しています。柱の本数を減らすことでβシステム構法よりさらに柱の位置を気にせず各階自由の間取りが可能にしています。自由度が高いので狭小地の注文住宅や将来リフォームしたい方やリノベーションしたい方にオススメです。

BIENA(ビエナ)の魅力

長く住める75年を超える耐用年数

BIENA(ビエナ)の耐用年数は約75年~90年です。住宅に壁体内通気工法と床下換気を取り入れることで建物内の空気の流れをつくり湿気や結露を防ぎます。湿気や結露を防ぐことで壁の下地材を腐らせる原因となるカビや細菌の繁殖を抑え長く住める家を実現しています。

地震に強い基礎づくり

BIENA(ビエナ)の基礎は、地震に強く高い強度を持つ250mm幅、立ち上がり梁せい750mmの大型の鉄筋コンクリートの基礎です。柱と基礎の結合部に、強度のある鋼材とアンカーボルトを使用することで地震の引き抜こうとする力にも負けない地震に強い家を実現しています。

眺望のよい家がつくれる

通し柱が不要なので開放的な窓を設置することができます。部屋のコーナー部分をコーナー窓にすることができるので2方向を見渡せる眺望のよい部屋もつくれます。

BIENA(ビエナ)の価格は?

積水ハウスの注文住宅BIENA(ビエナ)の本体参考価格(35坪)は、2,496万円となっています。積水ハウスの注文住宅を実際に建てた人の平均価格は3,278万円なので、平均価格よりBIENA(ビエナ)は安い価格となっています。

BIENA(ビエナ)の坪単価は?

積水ハウスのBIENA(ビエナ)の坪単価は78万円からとなっています。積水ハウスの注文住宅を実際に建てた人の平均坪単価は80万円なので、BIENA(ビエナ)は平均坪単価に近い価格となっています。

BIENA(ビエナ)の概要

積水ハウスの注文住宅BIENA(ビエナ)は都心一等地の戸建て住宅を店舗へ建て替えるなど都市部の非住宅需要も取り込み、年間2500棟の販売を目標としています。

項目BIENA(ビエナ)
参考価格2,496万円
坪単価78.0万円~
会社名積水ハウス
発売開始日2017年11月2日

参考リンク:

注文住宅を建てたいけど何から始めたらいいのかわからないという方は下記記事が参考になります。下記記事を見て注文住宅に一歩近づきましょう。

関連記事:住宅展示場に行く前に、資料請求した人は家づくりに失敗しない

BIENA(ビエナ)のモデルハウスは?

積水ハウスのBIENA(ビエナ)のモデルハウスは関東地方を中心に全国で少しずつ公開されていっています。

関連記事:BIENA(ビエナ)のモデルハウス、展示場情報

これから家づくりをはじめるあなたに!
見積り&間取りプランを無料作成
見積り&間取りプランを無料作成

注文住宅の家づくりを進めるとき多くの人が、

・マイホームの予算を安く抑えたい
・どこで建てればよいのかわからない
・間取りプランの提案が欲しい

といった悩みから計画がなかなか進まないということに...。

そういった家づくりの悩みを解決するために、注文住宅のプロがあなたにあった 『見積り&間取りプラン』を無料で作成してくれるタウンライフの家づくり計画書。

家でじっくりと資料を比較してハウスメーカーを決めたい方にオススメです。

・見積り&間取りプランを無料で依頼【公式サイトへ】

注文住宅ニュース
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらフォロー!しよう
注文住宅・新築一戸建てガイド