積水ハウスの注文住宅 坪単価と評判の特徴とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

積水ハウスとは?どんな家づくりをしている会社?

積水ハウスは1960年に創業された大阪府大阪市に本社がある住宅メーカーです。これまでに建てた住宅の数は235万戸を超えています。累計建築戸数200万を初めて超えたハウスメーカーです。

注文住宅は、鉄骨造を中心としていますが鉄骨造だけではなく木造でも独自の「シャーウッド構法」をもっており幅広い家づくりが可能です。

積水ハウスの注文住宅には鉄骨1・2階建てや木造住宅、3階建て住宅など様々なタイプがありますが、どの注文住宅も独自の研究開発により業界でもトップレベルのデザインと仕様を備えています。先進の住宅技術により、様々なニーズに応えます。

一戸建て住宅だけではなくマンションや都市の再開発、海外での街づくりも手がけてているのが積水ハウスです。

積水ハウスの会社情報と年間施工棟数

会社名積水ハウス株式会社
設立日1960年8月1日
本社所在地大阪市北区大淀中一丁目1番88号 梅田スカイビル タワーイースト
施工エリア全国(沖縄を除く)
坪単価60万円~90万円
年間施工棟数13,294棟(2018年1月期)
売上高1兆223億円
木造住宅の工法シャーウッド構法
鉄骨造住宅の工法軽量鉄骨造・重量鉄骨造・プレハブ構造
保証20年保証、ユートラスシステム
保証期間20年
従業員数16,181人
支店数122
展示場数387ヶ所

積水ハウスの注文住宅の特徴

積水ハウスには総合住宅研究所があります。この研究所は1990年に開設されています。ハードとソフトの両分野での研究開発によって、よりよい住環境が実現します。
建材の耐久実験などにより住宅の基本性能を検証し、居住性と安全性の向上に役立てています。社内での性能実験が様々な課題の発見や解決につながっています。
日本では高齢者が多くなり住まいも高齢者のことを考えた住まいが増えていますが、積水ハウスはBMI技術を研究開発して高齢者の自立を支援していることでも知られます。
厳しい生産品質管理体制の下で高精度で高品質な部材を生産し、精度の高い建物を施工しているのも魅力のひとつです。積水ハウスはアフターサポートにも定評があります。充実したアフターサポート体制でメンテナンスや点検などを行います。
1999年には環境未来宣言を発表して環境への取り組みを推進し、日本政府が定めているエコ・ファースト企業にも認定されています。
積水ハウスの注文住宅は、設計の自由度が特徴です。最上を求めて知恵と技術を集め、より進化を遂げています。免震住宅は基礎の上に免震層を設けています。その免震層の上に建物が乗っている2柔構造なので、大きな揺れを抑えることができます。

積水ハウスの坪単価と建築費用

積水ハウスの坪単価は70万円から95万円です。平均建築費用は41.7坪3,325万円前後となっています。

年度平均
坪単価
平均
建築費用
平均
延床面積
2008年73.0万円3,164万円43.3坪143.0㎡
2009年74.0万円3,116万円42.1坪138.9㎡
2010年75.4万円3,172万円42.1坪138.8㎡
2011年76.6万円3,311万円42.2坪139.2㎡
2012年78.9万円3,344万円42.4坪139.9㎡
2013年80.7万円3,450万円42.8坪141.1㎡
2014年83.9万円3,566万円42.5坪140.2㎡
2015年84.9万円3,074万円36.2坪119.5㎡
2016年88.8万円3,729万円42.0坪138.6㎡

上記が積水ハウスの年度別平均坪単価と平均建築費用です。坪単価は年々上昇傾向にあります。

日本でもトップクラスの住宅メーカーとして知られる積水ハウスには技術力や施工力、顧客基盤という強みがあります。最高の品質と技術が積水ハウスの企業理念であり、設計から施工アフターサービスまで住まいづくりのすべてのプロセスをグループで担当しています。世界一の累積建築戸数を誇る強い顧客基盤があり、最高の品質を目指す日々の努力と積水ハウスの強みが評価されています。高品質の注文住宅の中には驚くほど価格が高い住宅がありますが、積水ハウスの注文住宅は品質が高いのに手が届く価格設定になっています。

この価格帯が実現できる理由

開発や生産、施工が一体化をすることでコストダウンをしています。グループ連携による相乗効果により顧客の価値を最大化することに成功しています。
積水ハウスには4つのビジネスモデルがあります。それぞれのビジネスモデルが事業拡大することで収益力が強化されています。請負型になりがちだった事業の体質もバランスの良い収益構成へと変化しています。積水ハウスグループ全体で住宅と住宅関連ビジネスを拡大し、新規開拓も行いながら事業の展開を図ります。ビジネスモデル事業で培ってきたノウハウと技術を活かすことで相乗効果を発揮し、良いブランド循環がなされている状態です。

積水ハウスの評判がいい4つのポイント

積水ハウスの注文住宅には様々な種類があります。
人気が高い注文住宅のひとつがシャーウッドです。シャーウッドは、1955年に誕生しています。自然と上手に共生する日本らしい住宅をベースに、現代の快適さと安全性を高めた木造住宅がシャーウッドです。
高断熱で高気密の家にとって、窓は熱を通しやすいので窓の断熱性の強化が重要ポイントとなります。シャーウッドでは断熱性能を徹底的に強化して基準以上の暖かさを維持し、さらに開放感も実現しています。防火構造認定を受けた複合壁体が、しっかりと住宅を守ってくれます。熱の出入りをコントロールできるので、どこにいても暖かく玄関や廊下の冷え込みも穏やかです。実大振動実験でも高い耐震性が確認されています。

鉄骨1・2階建ては、ユニバーサルフレームシステムが特徴です。ユニバーサルフレームシステムは、自由な設計力と確かな耐震性能を発揮するシステムです。地震の揺れを受け止め、大震災であっても優れた耐震性能を発揮します。最高級の外壁は、デザイン性を兼ね備えて耐火性や耐久性などの要素を高い水準でクリアしています。既存のコンクリートでは困難だったデザイン性も実現できています。新築時の美しさを長く維持することができるので、将来的なメンテナンスコストの低減が可能です。空気清浄と換気の提案を、家族の暮らしに合わせてグレード別に用意しています。

フレキシブル3・4階建ては、優れた快適性と安全性を誇ります。独自のシステムで、大地震の揺れにも対応します。大地震が起きた場合は、構造躯体と大型鉄筋コンクリート布基礎によりエネルギーを吸収して安全性を確保できます。優れた外壁は耐火性能が高く、災害から家族を守ります。フレキシブル3・4階建ての外壁は台風クラスの暴風にも耐えることができ、飛来物に対する対衝撃性も実験で確認済みです。家の中の小さな隙間も断熱するので、ワンランク上の心地よさを実現しています。夏は涼しく冬は暖かい環境をつくるので1年中快適に過ごせます。

参考記事:

積水ハウスの最新の注文住宅BIENA(ビエナ)について紹介しています。

積水ハウスの注文住宅「BIENA(ビエナ)」とは?

これから家づくりをはじめるあなたに!
見積り&間取りプランを無料作成
見積り&間取りプランを無料作成

注文住宅の家づくりを進めるとき多くの人が、

・マイホームの予算を安く抑えたい
・どこで建てればよいのかわからない
・間取りプランの提案が欲しい

といった悩みから計画がなかなか進まないということに...。

そういった家づくりの悩みを解決するために、注文住宅のプロがあなたにあった 『見積り&間取りプラン』を無料で作成してくれるタウンライフの家づくり計画書。

家でじっくりと資料を比較してハウスメーカーを決めたい方にオススメです。

・見積り&間取りプランを無料作成

スポンサーリンク
注文住宅の家づくり注文住宅をハウスメーカーで建てる
この記事が気に入ったらフォロー!しよう
注文住宅・新築一戸建てガイド