熊本県1000万円の家ランキング 人気のハウスメーカー工務店を紹介!

2020年08月06日更新

熊本県で建てられる「1000万円の家」で評判のよいハウスメーカー工務店の情報まとめです。1000万円の家や坪単価40万円以内の家を提供している住宅会社の特徴や価格を紹介します。

熊本で1000万円の家を建てるなら、長く暮らせて安心して住める家を建てたいですよね。

熊本でも「1000万の家」「坪単価30万円からの家」などの1000万円以下のローコスト住宅を、工務店やハウスメーカーのCMや雑誌で頻繁に見かけるようになりました。

そもそも1000万円の家とは、1000万円の家や坪単価40万円以内の家と呼ばれる「1000万円以下の価格帯の家」や「坪単価40万円以内の家」のローコスト住宅をいわれることが多いです。

ただ、熊本で1000万円以下の家を建てようと考えたときに

  • 「新築の家が1000万円で建てられる?」
  • 「おすすめハウスメーカーや工務店は?」
  • 「本当にその価格で家づくりができる?」
  • 「どうして安いのか?」
  • 「平屋住宅も1000万円で建てられる?」
  • 「どういった家が建てられるのか?」

という部分がやはり気になりますよね。

「1000万円の家でも長く暮らす家だからこそ安心して住める家が欲しい。」

そんな方のために熊本で1000万円の家や坪単価30万円前後の家を提供している、いわゆる「熊本で1000万円の家を提供している評判のいいおすすめハウスメーカー・工務店」をまとめました。

またハウスメーカーや工務店の特徴やメリット、費用や施工に関する注意しておきたいポイントについてもまとめましたので家づくりの参考にご覧ください。

「熊本のおすすめ工務店・ハウスメーカーの資料請求から」資料請求することで家で資料をゆっくり見ることもできます。

1000万円の家を建てるなら、熊本の工務店やハウスメーカーに資料請求をして相場価格を知っておきたい人におすすめです。この住宅が本当に高いのか安いのかの判断するための目安ができ、価格を比較することができます。

熊本のおすすめ工務店・ハウスメーカー

熊本にて注文住宅の家づくりをてがけているおすすめの工務店・住宅会社の紹介です。
気になる住宅メーカーを見つけたら資料請求(無料)で、より詳しい家づくり情報を入手してみましょう!

熊本で1000万円の家を建てるのに人気の工務店・ハウスメーカー

熊本では、多くの1000万円の家を建てられる工務店・ハウスメーカーがありますが、ここではその内人気のある4社をご紹介します。

  • ヒラキハウジング
  • 友建設
  • 塚本建設

ヒラキハウジングの1000万円の家

ヒラキハウジングさんが提供する「建つんです500」は、平屋住宅が500万円という価格で実現する住まいづくりです。 「平屋を500万円で建てられませんか?」という要望から500万円の注文住宅「建つんです500」が誕生しました。

その他にも1000万円以内のプランとして、600万円平屋の「セカンド600」や700万円2階建ての「ガンバレ700」、850万平屋3LDKの「まるごと850」、さらにゆとりがある1000万円2階建て4LDK「まるごと1000」など、500万円から1000万円で平屋や2階建て、格安3LDKに対応しています。

  • 建つんです500(平屋住宅):500万円
  • セカンド600(平屋住宅):600万円
  • ガンバレ700(2階建て住宅):700万円

所在地:熊本県熊本市中央区出水4丁目14-13号

友建設の1000万円の家

友建設さんの人気ラインナップ「夢55の家 ひらや」は、コンパクトで住みやすい4つのプランから選べる平屋の家です。平屋のほかにも北欧風・2階建て・屋上付き2階建て住宅を、650万円から850万円の価格帯で提供しています。

  • 夢55の家 ひらや:650万円〜
  • 夢55の家 2階建て:850万円〜

所在地:熊本県熊本市南区城南町さんさん2丁目3-1 

塚本建設の1000万円の家

塚本建設さんは、ZERO-CUBE(ゼロキューブ)をはじめとした人気のある規格住宅を正規パートナーとして提供する住宅メーカーです。

ローコスト住宅では、ZERO-CUBE を提供しています。ZERO-CUBE(ゼロキューブ) は、グッドデザイン賞を受賞したデザイン性の高い住まいを1000万円からという手の届く費用で実現し、2×4工法ならではの優れた耐震性・耐久性も備えています。 四角のキューブ型の外観が特徴です。ZERO-CUBEは様々なプランやオプションを用意しており、カスタマイズしながら家づくりを楽しむ形になっています。

  • ZERO-CUBE:1000万円〜

所在地:熊本県八代市郡築8番町53-8

以上が1000万円の家を建てるのに人気のオススメ工務店・ハウスメーカーです。

1000万円の家を建てるためにまずは資料請求をして、工務店やハウスメーカーの価格を知っておきましょう。 
この住宅が本当に高いのか安いのかの判断するための目安がたてられ、価格を比較することができますのでおすすめです。

1000万円の家とは?特徴や費用を抑えるためのコツを紹介!

1000万円の家とは、1000万円の家や坪単価30万円前後の家と呼ばれる「1000万円以下の価格帯の家」や「坪単価40万円以内の家」のことをいわれることが多いです。

1000万円以内で建てられる注文住宅は「ローコスト住宅」とよばれており、必要最低限の機能をもたせたコンパクトな住宅です。建物を正方形または長方形のシンプルな形にすると、外壁の面積を最小限に抑えられ、資材にかかる費用も少なくできます。

延床面積も広くしすぎないようにし、部屋数も少なめにする必要があります。部屋数が多いとドアや壁に使用する資材が増えるので、コストアップにつながるからです。さらに、資材はなるべく単価が安いものを選び、設備も必要最低限の標準的なものを設置しましょう。

熊本で1000万円の平屋は建てられる?

熊本で一戸建ての注文住宅をいつかは建てたい!それも、平屋が欲しい!なんて話し、夢だと思っていませんか?

家って高いから、平屋とはいっても夢のまた夢…なんて諦めるのはまだ早いです。

実は、熊本県で平屋を建てることは、1000万円台でも建てられるのです。

新築の家は2000万円、3000万円はかかるという思い込みから、一戸建てを建てるのはまだ先の話と思って、家を建てるということを考えたこともないという人も多いです。ですが、現実的には1000万円台から一戸建ての平屋を建てることができるのです。

今すぐ、1000万で家が建てられるか確認したい場合は工務店やハウスメーカーに資料請求をして価格を確認しましょう。

平屋は2階建て3階建てより維持費がお得

土地がついている建売住宅でも、関東の都心部である東京や神奈川などにおいては3階建てという家屋も増えてきました。2階建て以上の複数階建ての住宅というのは、どうしても維持費が平屋住宅より高くなってしまいます。

長年月日が経つごとで屋根や外壁修繕費用が発生します。複数階建ての維持費は修繕時に足場を組む必要があることで、平屋の200%以上の費用がかかってしまうことがありえるのです。

今から建てる家というのは、建てる費用だけではなく「先を見据えての維持費を計算しておくこと」が家づくりのコツです。

平屋は年をとっても暮らしやすい

定年を過ぎた65歳以上の人において、最後に生活をする家として階段などがなく使い勝手の良い平屋が人気です。また、簡素なだけではないシンプルでありながらおしゃれな暮らしができる平屋が子どもを持つ子育て世代からも支持されています。

1000万円という費用で建築可能で、昇り降りの少ないフラットな居住空間は子育て世代や60歳以上の年配世代にも注目を集めています。

平屋は買えない!家を持つのはまだ夢!なんてことはなく「1000万円台で平屋を建てる」というのは可能なのです。

1000万円の平屋を建てるならまずは資料請求をして、熊本の工務店やハウスメーカーの価格を知っておきましょう。このローコスト住宅が本当に高いのか安いのかの判断するための目安ができ、価格を比較することができます。

熊本で1000万円で家を建てるために費用をおさえる6つのコツ

メーカー・施工店を慎重に検討する

1000万円の家を建てたいと思っている場合は、ローコスト住宅を扱っている業者をピックアップして比較すると効率的です。注文住宅の建築にかかる費用は、メーカーや施工店によって異なるため、なるべくたくさんの業者を比較することがおすすめです。

料金や評判について情報を集め、気になった業者から見積もりを取ってみてください。複数の業者から見積もりを取れば具体的な金額を比較できるため、最も安く依頼できる業者をスムーズに選べます。

シンプルな作りにする

なるべく凹凸のない箱型の住宅は、コストを抑えて建設できます。なぜなら、少ない手間や工数で作業が進み、資材の無駄もほとんど発生しないからです。具体的には、1階と2階の面積がほとんど同じの2階建てにするのがいいでしょう。

屋根の形は、一般的な切妻屋根や片流れ屋根にし、緩やかな傾斜にすると費用を安くできます。間取りは必要以上に部屋数を増やさず、壁やドアの数も最小限にしましょう。

水回りは一カ所にまとめる

水回りを一カ所に集中させると、給排水管の設備にかかる費用を節約できます。給排水管がまとまっていることで、工事にかかる作業の手間や部材が少なくなるからです。キッチンや浴室、トイレは、なるべく近くにくるような配置を考えましょう。はじめに水回りの位置を決めてから他の部屋の配置を考えていくと、間取りを考えやすくなります。

屋根裏を有効活用する

低コストでなるべく広い空間を確保するためには、屋根裏もしっかりと活用すべきです。2階建てでは狭いと感じて3階建てを希望する人もいますが、その場合は建築費が高くなります。しかし、屋根裏を収納スペースや子供部屋などにすることで、2階建てでも使える空間が広くなります。

ただし、高さが1.4メートルを超えているなど一定の条件から逸脱する場合は、屋根裏ではなく1部屋としてカウントされるため注意が必要です。土地によって建てられる建物の大きさ(建ぺい率や容積率など)が決まっているため、部屋数が増えると基準を超えてしまう可能性があります。

安全性は妥協しない

安く家を建てたい場合でも、耐震強度などの安全性を妥協してはいけません。建物の耐震等級は3つに分けられており、最も強度が高いのが等級3です。1000万円の家でも等級3を建築できる業者はあるため、ぜひそういった業者を探してみてください。

免震や制振のための設備を追加することも効果的ですが、費用はその分高くなります。そのため、なるべく費用を抑えて建築したい場合は、耐震等級に重きを置くことがおすすめです。

コストは長期間で考える

コストを意識するなら、住宅の購入にかかる費用だけでなく、メンテナンスの費用についても考慮しましょう。耐久性に優れていれば購入時に少し費用がかかっても、経年劣化によるメンテナンスにはあまり費用がかからない可能性があります。

家は高い買い物であり、購入時にかかる費用は安く抑えたいところですが、長期的な視野で考えることも大切です。

熊本でも1000万の家は建てられる!

予算が1000万円以内であっても、素敵な注文住宅を建てられます。そのためには、さまざまな工夫を取り入れつつ、依頼する業者をしっかりと比較する必要があります。

熊本で1000万円の家を建てるためにまずは資料請求をして、工務店やハウスメーカーの価格を知っておきましょう。 
この住宅が本当に高いのか安いのかの判断するための目安がたてられ、価格を比較することができますのでおすすめです。

熊本のおすすめ工務店・ハウスメーカー

熊本の家づくりお役立ち記事

熊本で注文住宅・新築一戸建ての家づくりを検討中の方に役立つ記事をお届けします。

熊本の家づくり特集

熊本県で注文住宅の相談ができるハウスメーカー・工務店を探す

熊本のハウスメーカー・工務店一覧

熊本のおすすめ工務店・ハウスメーカーに

まとめて資料請求【無料】